きりくちぶろぐ

好きなきりくち(切り口)から、漫画、映画、本、思想、事柄を語ったり、やってみたり

【2017年】今まで読んで感動した漫画39選【9.5更新】

まえに、こんなのを書いたんで、もう漫画について書くことはないかなーって思っていたんですが、なんせ新しくいい漫画に出会い続けている今、それらをまとめられないのが凄くストレスになってきたので、今回改めて筆を執りました。

 

ご賞味ください。

 

 

 

 

1 HUNTER×HUNTER

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

 

今僕達は、HUNTER×HUNTERが連載しているというとってもとっても幸せな時代を生きているのかもしれない。

 

大人になって、子供が生まれて、、、こんなシーンを想像してみてほしい。

 

「え!?お父さんが大学生の頃HUNTER×HUNTERってジャンプで連載してたの!?」

 

「そうだなー、お父さんが大学生の頃はちょうどクロロvs.ヒソカとか暗黒大陸とかをやっていたなー。(しみじみ)」

 

「っ!!!!!まじでっ!!!!!あの伝説の!!」

 

「あの頃は、冨樫まだ1年に1回位ジャンプで連載してたんだよ。」

 

「っ!!!(唖然&尊敬の眼差し)」

 

HUNTER×HUNTERとはそういった作品。

まだ読んでいない人が(もし万が一)いたら読んでみてほしい。

これは好き嫌いではない。

 

HUNTER×HUNTERが連載している時代に生きていて、HUNTER×HUNTERを読まないということの将来における絶望への救済としてこの文章を捉えてほしい。

「おもんなっ!もう読まんわ!」

は全然上等。だけど、知ってるのに読まないというのだけはやめてほしい。

ぜひ。。

 

 

 

 

 

 


2 スラムダンク

スラムダンク (30) (ジャンプ・コミックス)

スラムダンク (30) (ジャンプ・コミックス)

 

スラムダンクといえばこのジャケットのイメージ(なんでだろ?)。

小学生の僕が、バスケットボールというスポーツを知らないタイミングで連載され、世間でもバスケットボールがマイナーだった時代であるにもかかわらず、衝撃的な大ヒットを叩き出した伝説的漫画。

主人公の桜木花道が、自分と向き合い、そして天才たちと勝負をしていく。

「漫画のような」成長があるわけではない。ただひたすらにバスケットを通して成長し、一歩ずつ猛者たちと戦える形になっていった。

 

「バトル漫画で好きなのどれ?」

「サッカー漫画だと?」

「知能戦だと?」

 

といろんな話題で盛り上がる中

「バスケットボールだと?」

と聞かれたら、この漫画を前提に他の漫画の話をするしかなくなる。

そういう漫画。

 


3 ドラゴンボール

ドラゴンボール―完全版 (16) (ジャンプ・コミックス)

ドラゴンボール―完全版 (16) (ジャンプ・コミックス)

 

俺ら世代にとって、ドラゴンボールは特別。レジェンド。

これはもう仕方ない。

 

多くは語らないですが、1つだけ。

「ベジータ」


格好良くね?

スーパーサイヤ人って、実力が備わり、純粋な心の状態で、キレたときになれるんだけど、こいつなんでスーパーサイヤ人になったと思う?

 

まず、自分を極限まで苛め抜いて実力を備え、ある時、気付いたんですよ。自分の限界に。そのせいで、その自分にキレてスーパーサイヤ人になってやんのwwまじ誇り高いw恰好良すぎる。

そんなに自分を高く維持し続けられないって。まわりに天才多くてそれでもこの誇り高さ。まじかっけー。

 

そして、純粋な状態は、純粋な悪だってさ。おいおい、格好いいな。地球の生活に割と慣れてきているのにそれ言っちゃってるところとか、自分では本当にそうだと思っているところとかまじでかわいい。

 

で、絶対無理だと思われてたスーパーサイヤ人なるからね。

そんで、本漫画の本当のヒロインと結婚してるからね。第1話から出てるヒロインと純粋な悪が。

 

まじですごいわ。漫画界の革命だわ。
(と、わりと多くを語ってしまった。)

そんな素晴らしい漫画。

 

 

4 レベルE 

レベルE 上 (ジャンプコミックスDIGITAL)

レベルE 上 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

それこそドラえもんや星新一から始まり様々なSFがあるところ僕が一番影響を受けたSFはこれ。少し不思議な物語を読むうちに、宇宙人は今自分が出会っている人たちの中に本当にいるんじゃないか?いや、これはほんとにいるぞ!となる。

 

いまだ何度読んでも誰の夢だったかわからない。

でもそれがいい。

 


5 彼氏彼女の事情

彼氏彼女の事情 1 (花とゆめコミックス)

彼氏彼女の事情 1 (花とゆめコミックス)

 

知ったきっかけはGAINAXで庵野秀明さんが監督してたからかもしれない。

(中2くらいに金曜18時半からやってたw)

アニメもめっちゃおもしろかったけど、漫画はすごい。

秀才・天才の話を書きつつ、最後はどんな人生がその人にとって一番かというのをしっかり考えさせてくれる。

 

「あーおもしろかった!って前のめりに死にたい」

 

すげーいい言葉じゃない?

 

 


6 こどものおもちゃ

こどものおもちゃ 7 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

こどものおもちゃ 7 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 

ママレード・ボーイとかNANAとかジャンヌとかグッドモーニング・コールとか姫ちゃんのリボンとか赤ずきんチャチャとかベイビィラブとかHIGHSCOREとかリボンには思いつくだけでおもしろい漫画がたくさんあったけど、僕が一番好きなのはこれ。

こどものおもちゃ

まずタイトルがいいよね。そしてアニメのばびっともいい。

そしてなにより、羽山さんが格好良すぎる。

あれは小学生男子のなりたい姿のすべてがあったと思う。

(いまだに敬称をつけて読んでしまうところにその影響の大きさが感じられるw)

 

なので、未来の話は賛否両論。けどおもしろい。

Deep Clear―「Honey Bitter」×「こどものおもちゃ」

 

 

7 よつばと!

よつばと! (13) (電撃コミックス)

よつばと! (13) (電撃コミックス)

 

世の中には偉大なパパがいる。

クレヨンしんちゃんの野原ひろし、トトロの草壁タツオなどなど。

それに並ぶよつばのとーちゃん、小岩井葉介

自分が父になっておもうのは、とーちゃんはまじですごい。

日常の一場面を見ただけで、とーちゃんがよつばを大切にしているのがよく分かる。

こういう父親になりたいものです。

 

大人の視点で見た、子供の話。

よつばが見ている世界はわからないけど、その世界を想像しながら読むことができる。

何度読み直しても癒やされる。おもしろ話を読みたいのではなく、読んで癒やされるために読む。

 


8 寄生獣 

寄生獣(完全版)(1) (KCデラックス アフタヌーン)

寄生獣(完全版)(1) (KCデラックス アフタヌーン)

 

20世紀最高の漫画の漫画だと思っている。

 

毎年1回は読み直し、自分の中に変化を起こす。

 

 


9 ヒストリエ

ヒストリエ(10) (アフタヌーンコミックス)

ヒストリエ(10) (アフタヌーンコミックス)

 

歴史モノあまり好きじゃなかったんだけど、これはもうおもしろいから仕方ない。

キングダムの主人公が純粋真っ直ぐ系だとすると、ヒストリエの主人公はひねくれ回転系。読んでてすごく気持ちいい。個人的タイプとしてどっか曲がった人が好きな可能性がすごくある。

ルフィよりサンジ、悟空よりベジータ、花道よりりょーちん。

 

知的なバトルが好きな人は是非とも。

 

 


10 ベイビーステップ 

ベイビーステップ(43) (週刊少年マガジンコミックス)

ベイビーステップ(43) (週刊少年マガジンコミックス)

 

テニス漫画といえば、 浦沢直樹のHappy!や石渡治のLOVeのように、可愛い女の子が主人公のプレイヤーものや、テニスの王子様のような究極的なギャグ漫画がおもしろいんですが、ベイビーステップは、純粋に一歩ずつ強くなっていく純朴な主人公が面白さの肝。

 

そしてなっちゃんが可愛い。

こちらでも堂々の2位!

あなたは誰を選ぶ!?萌えるマンガのヒロインベスト50位!

 

 

11 ワールドトリガー

ワールドトリガー 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ワールドトリガー 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

「彼だけが自分をヒーローだと知らない」

 

俺は三雲修を応援しています。

 

 

・・・なぜ、休載なんだ。。

 

 

12 からかい上手の高木さん

からかい上手の高木さん 6 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

からかい上手の高木さん 6 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

 

西方にとって、高木さんが隣の席にいるかどうかが自分の幸せの90%以上を決めていたんだと気づくのはおそらく10年ほど経ってから。

 

今はそれをただ楽しめばいいと思うよ。

 


13 町田くんの世界

町田くんの世界 5 (マーガレットコミックスDIGITAL)

町田くんの世界 5 (マーガレットコミックスDIGITAL)

 

ありそうでなかった少女漫画の主人公像。

純粋で人が好きな彼が見ている世界はきっとすごくきれいなんだろうね。

その一面が垣間見える作品。

 

 


14 鋼の錬金術師

鋼の錬金術師 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

 

いろんな新連載みてるけど、これだけ最初からゴールを見据えて作られている作品もまれ。ダークファンタジー。

 

15 結界師

結界師(28) (少年サンデーコミックス)

結界師(28) (少年サンデーコミックス)

 

といいつつこちらもエンディングまで含めてとてもキレイ。

こういう作品は安心して何度も読み直せる。

物語の中に入り込む。

 

 

 

16 バードメン 

BIRDMEN(2) (少年サンデーコミックス)

BIRDMEN(2) (少年サンデーコミックス)

 

そんなイエロウ先生の新作。

相変わらず世界の作り方がキレイ。この世界に入り込むために新刊が出たら毎回1巻から読み直す。

 

 


17 暗殺教室

暗殺教室 21 (ジャンプコミックスDIGITAL)

暗殺教室 21 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

松井先生は、ネウロも相当好きだけど、やっぱり暗殺教室は極まっている。

自分が経験したことをここまで抽象度挙げて描けるなんてすごい。

殺せんせー。1年間ありがとう。

 


18 ヒカルの碁

ヒカルの碁完全版 20 (愛蔵版コミックス)

ヒカルの碁完全版 20 (愛蔵版コミックス)

 

ほったゆみ先生と小畑健先生のコラボ作品として、囲碁を若年層に広めた。

これがあったから僕も基本的な打ち方を知っていて、囲碁が遠い世界のものではなくなった。少年の世界を広げるなんて、なんとすごい漫画だろうか。

 


19 カイジ

賭博黙示録 カイジ 1

賭博黙示録 カイジ 1

 

限定ジャンケンを初めて読んだ時の衝撃たるや。。

「あれ?もしかして俺って頭いいのかも・・・」

と思っていた少年時代の僕をキレイに叩きのめしてくれた。

この漫画のお陰でギャンブルをやめることができました。俺じゃ勝てない、と。

ありがとうありがとう。

 

この世界の裏側もおもしろいよ。

中間管理録トネガワ

 

 

20 銀と金

銀と金 1

銀と金 1

 

ほんとうに頭のいい人が、世界を動かしているのかもしれないなーと思える。

 

 


21 Monster

Monster (1) (ビッグコミックス)

Monster (1) (ビッグコミックス)

 

本当の怪物が自分のやるべきことを見つけたときに、それを変えることができるのか?

エンディングに向けての加速感、見もの。

 


22 3月のライオン

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)

 

陰鬱としている主人公が、その理由と向き合い、昇華していく。将棋で。

ハチミツとクローバーが好きならぜひとも。

 

 

23 ホーリーランド

ホーリーランド 12 (ジェッツコミックス)

ホーリーランド 12 (ジェッツコミックス)

 

喧嘩漫画、これが一番おもしろいんじゃない? 

 


24 出会って5秒でバトル

出会って5秒でバトル(1) (裏少年サンデーコミックス)

出会って5秒でバトル(1) (裏少年サンデーコミックス)

 

今時の漫画風に見せて、しっかりとした頭脳バトル。

自分がこの能力なら どうやって戦うだろうか?

 

 

 

 

25 からくりサーカス 

からくりサーカス 2 (小学館文庫 ふD 24)

からくりサーカス 2 (小学館文庫 ふD 24)

 

覚悟をする。

何も持っていなくても覚悟をする。

そうすると動き出す。助けてくれる。成し遂げられる。

 

そんなふうに思える作品。 

 

 


26 恋は光 

恋は光 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

恋は光 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

北代が可愛すぎる。

北代が可愛すぎる。。

幸せになってもらいたい。

 

 

27 AKB49 

AKB49?恋愛禁止条例?(27) (週刊少年マガジンコミックス)

AKB49?恋愛禁止条例?(27) (週刊少年マガジンコミックス)

 

ただのAKB人気にのった漫画と見せかけて、実はこれぞ少年漫画、という内容。

 

と、いいつつも可愛いヒロイン多数。

あなたは誰を選ぶ!?萌えるマンガのヒロインベスト50位!

 

 

28 かぐや様は告らせたい

かぐや様は告らせたい?天才たちの恋愛頭脳戦? 5 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
 

恋愛頭脳バトル

といいつつ、かぐや様の可愛いところをひたすら見る漫画。

 

あー癒される。

 

29 ハチミツとクローバー

ハチミツとクローバー 2

ハチミツとクローバー 2

 

大学時代の青春ってどうしてこんなに痛々しいんだろうか。。

この漫画を読んで自分探しに自転車で疾走りだしたひともいるはず。

 

 

30 骨が腐るまで 

骨が腐るまで(4) (マンガボックスコミックス)

骨が腐るまで(4) (マンガボックスコミックス)

 

まず、女の子が可愛いよね。

そして結構ちゃんとしたサスペンス。

まだ終わってないからちゃんと評価できないけど、この謎の解決に説得感あったら名作になる予感。。

 

 

31 恋と嘘

恋と嘘(5) (マンガボックスコミックス)

恋と嘘(5) (マンガボックスコミックス)

 

どうせ今時のイチャラブ漫画だろ、と思っていたんだけど、(そしてある程度その通りなんだけど)内面をしっかり描いてて、はまる。。

莉々奈が好き。覚悟がいい。報われないことに向かっているのがいい。手に入らないかもしれないものに本気なのがいい。

絶対に報われないポジションなんだけど、それをなんとかどうにかすることで報われてほしい。他の相手とかではなく。なにかないのか、莉々奈が幸せになる道は・・・。

  

32 転生したらスライム

転生したらスライムだった件(1) (シリウスコミックス)

転生したらスライムだった件(1) (シリウスコミックス)

 

転生ものならこれが一番でしょ?

 

 

33 蜘蛛ですがなにか

蜘蛛ですが、なにか? (1) (カドカワコミックス・エース)

蜘蛛ですが、なにか? (1) (カドカワコミックス・エース)

 

といいつつこっちもかなり。

てか、これは「俺強い」系ではなく、 地道にレベル上げていってて、できること増えてて、そこに知性が加わることで強いやつにも勝ちに行ってておもろい。

 

 

34 ib-インスタントバレット

ib ?インスタントバレット?(4) 怖がりだよと、一度でも言えたなら (電撃コミックスNEXT)

ib ?インスタントバレット?(4) 怖がりだよと、一度でも言えたなら (電撃コミックスNEXT)

 

もっと評価されてもいい漫画。

かぐや様は告らせたいの赤坂先生が高校くらいからライフワークとして描き続けていた漫画。おそらく打ち切り。どっかで少し形を変えて書いてほしい。かぐや様がヒットしているからいけるはず。超絶楽しみにしている。

 

 

35 まじめ系クズの日常

まじめ系クズの日常(1) (月刊少年マガジンコミックス)

まじめ系クズの日常(1) (月刊少年マガジンコミックス)

 

クソみたいな話なんだけど、めちゃくちゃおもしろい。

「まじめである」という価値観、わるくないよね。

 

 

 

36 やれたかも委員会 

やれたかも委員会 1巻

やれたかも委員会 1巻

 

タイトル通り、過去のやれたかもしれない思い出を、ここで浄化する話。

話せる場所があるようでなかったこの話題をうまく漫画にしてて、おもしろい。

タイトルよりずっとピュア。

 

第一話はこちからどうぞ。

宅飲みで2人きりになったあの夜|やれたかも委員会

 

 

37 ダンス・ダンス・ダンスール

ダンス・ダンス・ダンスール(3) (ビッグコミックス)

ダンス・ダンス・ダンスール(3) (ビッグコミックス)

 

ジョージ朝倉先生は相変わらず凄いのを描く。

バレエの話。

生まれた時の持っておかないとならないものが多すぎるバレエ。

その中で戦う少年少女の話。

かっこいい。

 

 

38 キングダム

キングダム 45 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 45 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

いや、別に忘れてたわけではないんで?

だってどう考えても名作でしょうに。

ただ、終わってからしっかり書きたいなーとね。

でもあまりにも

「キングダム入ってないのなんで!」

という声が多かったので、ちゃんと全巻買い直しました。

なぜか妻もめっちゃはまってますよw

 

信の成長物語と捉えてもいいし、帝王論と捉えてもいいし、王齮のキモかっこよさの話と捉えてもいい。どんな捉え方してもいい。だけど、5巻に一回山場を作り続けてるこの漫画は本当にすごいよ。

連続して読む時の熱量がすごいから、購入または漫画喫茶で一気読みをすすめる。

ベンチャー経営者にファンが多いのも特徴的。

また、ここは追加します。

 

 

39 ワンピース

ONE PIECE 86 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 86 (ジャンプコミックス)

 

こちらも傑作。

あまりに有名すぎてて、漫画に詳しい人はワンピース外して喋ることが多いんだけど、いやどう考えても傑作だからね?そこに異論はないよね?

 

ルフィは、「海賊王に俺はなる!」そういって海に出ました。

その旅の途中で、「世界一の剣豪になる」ゾロや、「オールブルー」を見つけたいサンジなどを船のメンバーに誘っていきます。

 

つまり、みんなの夢は一緒ではないんですよね。おもしろい。みんなの夢はバラバラ。

お互いの夢を尊重しつつも、各々の夢を追いかけている。

でも今は一緒の船にのっている。んーおもしろい。

 

ルフィ海賊団のみんなは、同じ船に乗って、様々な困難を一緒に解決していく。船に乗って進む方向は一緒。お互いがお互いそれぞれの夢が叶えばいいなと思っている。

だけど、自分の夢は自分で叶えるんだという覚悟もある。


組織もこれでいんじゃないかな?

それぞれやりたいことがある。その実現に向けて同じ方向に進んでいる会社に入る。

 

1つの明確な目的のために存在する会社もいいけど、

「こんな感じのところを目指して進んでいる。この過程でいろんなことを実現していくことになるけど、それ一緒にやらない?」

 

という会社もすごくいい。

ワンピースを読んでそんな会社がどんどん作られていけばいいなーと感じました。

 

 

 

 

--

随時追加していきます!

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

目次:きりくちぶろぐの目次

 

関連記事:

弁護士が選ぶ今年読むべきオススメ漫画100選

あなたは誰を選ぶ!?萌えるマンガのヒロインベスト50位!

  

よく読まれている記事:

【2017年】今まで買ってよかったモノ・サービス19選【7.8更新】

【2017年】今まで買ってよかった本39選【7.8更新】

弁護士を辞めました。

株式会社アカツキを退職しました。

「モテる」というきりくちで

地方で生きるというきりくちで

凄い人と優秀な人の違い