読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりくちぶろぐ

好きなきりくち(切り口)から、漫画、映画、本、思想、事柄を語ったり、やってみたり

育児のエゴは他の人を傷つけるよね。

baby

前回

揃えるの大変じゃない? -生後0日から1ヶ月、ないと困る新生児生活必需品25選

を書いた。

 

荒れた。

 

 

 

…え、なんでだ?

自分としては、最初の1ヶ月無駄に苦労した部分も多かったので、続くお父様お母様が少しでも楽になるといいなーという100%善意で書いた記事(かなり珍しい)だったからかなり意外だった。

 

 

 


…てかほんとになんでだ?(`・ω・´)

 

と、思ったので深く考えてみた。

 

 

まず、育児業界というか産婦人科・助産院の指導、教育はほんとにまちまち。

まー医学的に確実に正解といえることが少ないんだと思う。

 

そりゃ、狼に預けてても育つ例なんて出されると、

「お、おう。たしかにね。」

とならざるを得ない。

 

 

次に、この「正解がない」という状況は、知の偏在を生み、ビジネスになりやすい。

しかも、子育てをする人は誰もが「育児はじめて」を経験する、素人集団である。

そりゃ、メーカーさんが自信を持って薦めてきているものを思わず買っちゃうよね。

 

 


最後に、これら2つから生まれる、各お父さんお母さんの子育て成功という経験。

うん、これが一番根深いかもしれない。

人は経験的に成功したことは、それが絶対無二の正解だと思いがちだし。

 

実際にやったんだよ?

そりゃ正しいでしょ!!

 

と。


それこそ、

 

「いや、狼に育てさせたら立派に育ったから、産んだらすぐに狼に預けたほうが良いよ!」

 

というのもその人の中で正解なのである。

 

そしてそれ自体は別にいい。

その人の中で正解だと思うのは自由だし。

 

ただ、それを誰かに押し付けた瞬間に対立・軋轢が生まれるよね。

 

自分が正しいと思う(うんうん、大切)

→だから、相手もそうすべき(え?なんでよ?)

 


この「→」の部分だけ気をつければ、非常にマイルドな育児業界になるのかも。

お互いがお互いを思って傷つけ合うとか悲しすぎるし。

 

いやー、戦争が正義vs.正義だっていうのがよくわかりました。

僕もはからずもそうなってたのかもしれません。反省反省。

 

 

ということで、おあとがよろしいようで。



目次:

きりくちぶろぐの目次

 

関連記事:

「イクメン」なんて全員嘘だと思う。

地方出身者って、東京に逃げてきてない?

何かを表現するときは、過去の自分を救うためにしてるのかもしれない

成長成長うるせーよ?

 

よく読まれている記事:

「モテる」というきりくちで

地方で生きるというきりくちで

凄い人と優秀な人の違い

弁護士が選ぶ今年読むべきオススメ漫画100選

全てはくだらないことから始まる