きりくちぶろぐ

好きなきりくち(切り口)から、漫画、映画、本、思想、事柄を語ったり、やってみたり

2017年にまとめて読みたい今年完結した漫画10選

2017年になると、おそらく多くのブログを書いている人がおすすめ漫画を紹介してくれる。(楽しみだ)

 

昨年はそれに便乗してみたw

www.kirikuchi.net

 

 

なので、今年はちょっと切り口を変えてこんなまとめを書いてみようと思う。

漫画は終わり方で大きく評価が変わりうるので、連載中はどきどきですが、このあたりのは間違いなくおもしろいので。

 

よければー。

 

 

1 暗殺教室

暗殺教室 21 (ジャンプコミックス)

暗殺教室 21 (ジャンプコミックス)

 

はじめからこの終わりを思い描いて書ききったとしか思えない傑作。

登場人物全員に癖があって、どこかに感情移入させてくれる。

渚が好きだけど、中村莉桜もかなり好き。

 

2 スピリットサークル

スピリットサークル (6) (ヤングキングコミックス)

スピリットサークル (6) (ヤングキングコミックス)

 

こちらもこれを最初から思い描いていたとしか思えない傑作。

 

内容についてはこのあたりでがっつり熱持って書いたので割愛しますが、こんな6巻という短い中に登場人物の成長を描ききるなんてすごすぎる!

 

人の縁というのは、時間や空間を超えて繋がっているんだなー。

そう考えたほうが素敵だなー。

と思える作品。

 

www.kirikuchi.net

 

 

3 僕だけがいない街 

僕だけがいない街(8)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

僕だけがいない街(8)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

 

「流行りのタイムリープものかよ・・・」

 

って思ってた時期が僕にもありましたよ。。

 

 

 

4 自殺島

自殺島 17 (ヤングアニマルコミックス)

自殺島 17 (ヤングアニマルコミックス)

 

このエンディングは想定できたけど、それでもこのエンディングを描いてほしかった。

 

森先生は、ストリートファイトの傑作ホーリーランドでも有名。

ホーリーランド 3 (ジェッツコミックス)

ホーリーランド 3 (ジェッツコミックス)

 

 

 

 

5 ピアノの森 

ピアノの森(26)<完> (モーニング KC)

ピアノの森(26)<完> (モーニング KC)

 

あんなに小さかった一ノ瀬海が・・うんうん、となる作品。

 

音楽という、漫画からは決して聞こえてこないはずのものが、これほどまでに頭のなかに鳴り響いた作品も珍しい。

 

※追記

あ、これ2015年完結じゃねーか。体感的には2016年だったわ。ごめんなさい。。

 

 

 

6 BLEACH

BLEACH―ブリーチ― 74 (ジャンプコミックス)

BLEACH―ブリーチ― 74 (ジャンプコミックス)

 

途中からオシャレ漫画として描かれていたけど、最初のうちはしっかり泣かせる話が多かった。その一護が無事終わらせたんだからそれだけでも読もうよ、となる。

 

 

 

7 俺物語!!

俺物語!! 13 (マーガレットコミックスDIGITAL)

俺物語!! 13 (マーガレットコミックスDIGITAL)

 

町田くんが出て来る前の、新しいイケメン像。

いやかっこいいもん、郷田猛男。

 

 

8 ニセコイ 

ニセコイ 25 (ジャンプコミックス)

ニセコイ 25 (ジャンプコミックス)

 

ジャンプのラブコメとして頑張り抜いてくれたニセコイ。

途中失速もあったけど、しっかりとにやにやさせてくれました。

 

ちなみに、橘が好きだし、俺千葉に住んでたし、名前Yamadaだし・・・w

 

 

9 AKB49

AKB49?恋愛禁止条例?(29) (週刊少年マガジンコミックス)

AKB49?恋愛禁止条例?(29) (週刊少年マガジンコミックス)

 

ド直球少年漫画。

これをAKBというタイトルがついているからと言って読まないのはもったいない。

是非とも。 

 

 

10 こちら葛飾区亀有公園前派出所

こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 特装版 40周年記念 (ジャンプコミックス)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 特装版 40周年記念 (ジャンプコミックス)

 

オワコンだったとか言う人もいるけど、これを取り上げない訳にはいかない。

自分たちの親世代から当たり前に続いたこち亀が終わった。

毎週絶対に載っていて、ジャンプを1週飛ばしてしまったとしてもこち亀だけは何ら変わらない顔で迎え入れてくれた。

ジャンプ、いや、少年漫画界のレジェンドといっていいだろう。

 

秋本先生、本当にお疲れ様でした。

これからさらに書きまくるということに尊敬の念しかありませんw

 

 

おわりに

完結したら読もーっと思っている漫画がいっぱいある。

 

「早く終われ!」という気持ちとともに

「いつまでも終わるな」という気持ちもあったりと複雑だ。

 

そんな中無事完結した漫画たちでした。

 

おあとがよろしいようで。

 

 

<目次>

www.kirikuchi.net

 

 

 

<関連記事>

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net