読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりくちぶろぐ

好きなきりくち(切り口)から、漫画、映画、本、思想、事柄を語ったり、やってみたり

レアでマニアックだけど人に勧めたくなるオススメ完結漫画10選【5巻以下】

漫画

 ある程度漫画を読み漁ると、次第に調子に乗ってくる。

 

「まあ、ある程度の作品は全部みちゃったし」

 

「ああ、あれね。読んだ読んだ。そこそこだよね」

 

と。

 

まあ単純にクソなんですが、そんな考えを軽やかに裏切って、新鮮な驚きを与えてくれた漫画たちが以下。

 

 

 

 

 1 百万畳ラビリンス

百万畳ラビリンス(上) (ヤングキングコミックス)

百万畳ラビリンス(上) (ヤングキングコミックス)

 

 

「生きるというのは動くことだ」

 

とトヨタの社長が言ったとか言ってないとかあるらしいが、この漫画は、まさに「行動」に焦点を当てて描かれている。

 

今、僕らが持っている情報のうち、どれだけを実際に自分の五感を使って手にれただろうか?誰か賢い人が言っていたから、本に書いてあったから、テレビで見たから、論理的にはこうなるはず、、、等々で二次的に手に入れた情報をいつの日か真実だと思い込んでないだろうか?

 

もしかしたら、日々生活しているこの世界には、「バグ」があって、実際に行動している人のみその「バグ」を見つけているのかもしれない。

 

そんな漫画。

 

 

 

2 さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

 

タイトルが強いから誤解されがちだが、この漫画は基本的に自分の心の闇との向き合い方を描いた作品。

 

「自分ってなんのために生きているんだろう」

「あれ?別に死んでもよくね?」

 

みたいな健全な人なら誰もが一度は考えたことがあることを、やむにやまれず本気で考えた際に、人はレズ風俗で救われるのかもしれない。

そんな漫画。

 

 

 

 

3 黒

黒 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

黒 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

第一印象は、「怖い」だ。

可愛い絵柄で、物語はほのぼのと進んでいく。

だけどなんか最初っから最後まで「怖い」

 

恐怖というのはなぜ生まれるんだろうか?

もしかしたら自分が把握できない、わからないことがある場合、人は恐怖を感じるのかもしれない。それが悪意を持っていようが、持っていなかろうが。

未知のものがある場合、人は敵対、無視いずれかの態度を取る。その態度の末に何が起こるのかはわからない。怖い。

そんな漫画。

 

 

 

4 犬神もっこす 

 

感情はどこから生じるのだろうか。

 

もしかしたら、まずはじめに表現があって、その表現をする場合このような感情を持つべきなんだよね、人ってという順番に感情は生じるのかもしれない。

その順番であるならば、演劇というのは人が感情を発見するための一つの手法かもしれない。

そんなことを思わざるをえない漫画。

メタ・メッセージ -「伝えたいこと」と「表現」の先後関係 

 

 

 

5 アナグルモール  

 典型的な打ち切り作品。

 

と、見せかけて、一つひとつの言葉に注目してもらいたい。

人は善なんだって素直に思える。

そんな漫画。

 

 

6 R-中学生

・・・気持ち悪い。

 

これが、通常の感情と感想。

だけどさ、自分の中にこのような感情隠れてないってなんで言えるの?

表面を取り繕って、自分の中にあるおぞましい何かを見ないようにしてない? 

 

覗いてみよう?

 

そして、その自分も好きになったら最強じゃない?

という漫画。

 

 

7 志乃ちゃんは自分の名前が言えない 

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

 

えぐってくる。

こういう話に出会ったとき、自分が見ないようにしている多くのことを瞬間的に思い起こす。その上で、それをもう一度無視するか、向き合うかはその人次第。

 

向き合った先に何があるか、何か良いものがあるのか、そんなことは一切約束できないけど、向き合った先にある「何か」をみるたび自体が人生だったりするんじゃないかなーと思える漫画。

 

 

8 岸辺露伴は動かない

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)

 

JOJOは正直ぼくはそこまでなんだけど、岸辺露伴先生の短編はもうひたすらにおもしろい。

 

場面を設定する。

その場面で最も上手く立ち回れる人は、通常「設定者」である。

だけど、その設定者自体想像もつかないことをし、設定者を納得させるロジックで最高に場面を動かす。

 

そういう漫画。

 

 

 

9 マドンナはガラスケースの中

女子「え、生理的に気持ち悪い。。」

イケメン「いやーさすがにこれはないっしょwww」

オタク「・・・・・(夢が詰まってる)」

 

そんな漫画。

 

 

10 ミスミソウ

ミスミソウ 完全版(上) (アクションコミックス)

ミスミソウ 完全版(上) (アクションコミックス)

 

胸糞漫画。

誰も幸せにならない。

なんでこんなの書くの?

何が楽しいの?

この環状を俺にもたらして、お前なんか得あんの?

知るんじゃなかった。知るんじゃなかった。

 

といいながら、最後まで読んでしまう。

そういう漫画。

 

 

 

 

というね。

おあとがよろしいようで。

 

 

 

<目次>  

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

 

 

 

<関連記事>

www.kirikuchi.net

 

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net 

www.kirikuchi.net