読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりくちぶろぐ

好きなきりくち(切り口)から、漫画、映画、本、思想、事柄を語ったり、やってみたり

紹介された本は読まないが正解 〜目の前で買ってくれる奴超好きだけどね〜

f:id:Manga_Maestro:20160424082213j:plain

こんなん書いていてなんだが、
 
紹介された本は読まないのが正解だと思う。
 
特に、尊敬する人が薦めてたからとか、これは読むべきだと言われたから、とかで買ってみるとだいたい失敗する。
これ別に薦めてくれた人が悪いとか、本が悪いとかそういうことではなくて、
読書って本当に相性だから。
 
今、ここにいる自分自身が一番求めている情報・知恵・観点というものと、たまたま目についた一節とのマッチング。
 
このマッチングが最もうまくいくパターンは、自分で何らかの問を持って、本屋か図書館に行くことだと思う。ふらふらと店内を探索し、目についた本を10冊程度手にとって、ざっと読む。そしてその中で最強だと思うもののみ購入する。
 
こうして買った本は大体超絶当たり。
だって今の自分が求めていることそのものだから。
割の自分の脳って賢いよ。無意識の取捨選択信じてみよう。
 
だから、紹介された本は読まないが正解。
 
 
ただ、唯一の例外がある。
それは、あなたのことをめちゃくちゃ良くわかっている(または本気でわかろうとしている)人からの紹介。
この本だけは、購入に値する。
 
なぜならその人は、今のあなたに最も必要な本を本気で脳内リサーチし、合わない可能性をも食いしばって紹介してくれているのだから。
少なくても僕が本の紹介を頼まれた時は、最悪「つまんね、あいつ自体つまんないんだろうな。時間無駄にした」とか思われることも覚悟して、それでも本気で脳内検索し紹介している。超怖いw
 
だからこそ、僕が本を紹介した時、目の前で購入してくれる人は凄く好き。
それだけで愛してしまいそうになるw
 
 
なんだかんだ言ったけど、
読むのに疲れるような本は、今読まなくていいよ。
脳に負荷かかっても、続きが読みたくて読みたくてたまんなくなるのが読書だから。
 
 
 
ではでは、そんなかんじでおあとがよろしく。
 
 
 
<目次> 
<関連記事>