読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりくちぶろぐ

好きなきりくち(切り口)から、漫画、映画、本、思想、事柄を語ったり、やってみたり

漫画喫茶添乗員  ~人生で一番楽しい漫画喫茶体験をあなたに~

考え 漫画

f:id:Manga_Maestro:20160229204732j:plain

 

漫画喫茶添乗員とは何か。

 

 

そう、

 

「自分と漫画喫茶に行くと、今までで一番楽しい漫画喫茶経験が出来る」

 

そう言い放てる人間のことである。

 

ここで誤解されがちなのは、良い漫画喫茶を提案する人、と思われることだ。

そういった情報は、

 


このへんとか

kaumo.jp

 

 

このへん

spotlight-media.jp

に上手くまとまっているので参照してもらえればと思う。

 

 

 


漫画喫茶添乗員の真の価値は、

 

一緒に行った人の今一番読むべき漫画

 

をその漫画喫茶で見つけ出せることにある。

 


今後これを資格化して行きたいと考えているが、必要な要素として以下の3つを考えている。

 

 

①漫画に対する理解

 

知識ではない、理解だ。

「デンデの兄弟の名前は?」

「ハンタが休載している最長の期間は?」

とかはどーでもよくて、

 

「お前がナンバーワンだ」と言った時のベジータの気持ちを500字以内で表せ

 

みたいなことが大切。
択一試験ではなくて、論文試験だと思ってもらえればいい。

 

 

※気になった方は全部読めばいいと思う。 

ドラゴンボール コミックセット (ジャンプコミックス) [マーケットプレイスセット]

ドラゴンボール コミックセット (ジャンプコミックス) [マーケットプレイスセット]

 

 

 

 

②コーチングスキル

 

その人が今どんな気持ちで、かつ、今後どんな気持ちになりたいかを把握し、押しつけではなく、新たな示唆を与えることができる能力である。

 

今の気持ちだけじゃダメだ。

今後その子がどうなりたいか、本人が言ってること以上のことを汲み取る能力が要求される。

 

 


③漫画とその人に対する愛

 

相手をもっと幸せにしたい!


俺じゃ力不足だけど、漫画、漫画ならそれができる!

 

そう確信していることが必要とされる。

 

 

 


そんなことを言いながら、最近名刺に「漫画喫茶添乗員」と書いてたら、今度取材されることになった。

取材後以下を更新したいと思う。

 

--

 

この辺に載せる予定(´・ω・`)

 

--

 

 

なので、今日はこのへんで。
おあとがよろしいようで。

 

 

<目次>

www.kirikuchi.net

 

 

<関連他記事>

 

www.kirikuchi.net

 

 

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net