きりくちぶろぐ

好きなきりくち(切り口)から、漫画、映画、本、思想、事柄を語ったり、やってみたり

妄想という力の本当の意味 〜さえりさんとカツセマサヒコという2人の天才をサンプルに〜

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/S/Saeri/20160115/20160115220053.jpg

http://saeri.hateblo.jp/

 

とりあえず、まずこの二つをみてくれ。

 

 

 

 

な?

ん?説明いる?
なら解説しましょー。

 

 

そもそも妄想ってなんだと思う?

 

妄想(もうそう、delusion)とは、非合理的かつ訂正不能な思いこみのこと。

妄想 - Wikipedia

 

 

こんな定義的な問題じゃなくて、本当の「妄想」とはなんぞや、ということ。

 

 

そう、「妄想」というのは、

 

想像(自分)を超える力

 

なのである。

 

「あるはずがない」と思ってしまう自分の弱い心を踏みつけ、「でももしかしたら・・・」を最大限に発揮することで、既存の自分の限界を超え、新しい未来を描く力。

 

 

この力は、一般的には中学二年を頂点に弱まっていく傾向がある。

だが、非常に稀にその力を中二から維持したまま大人になれる人がいる。
(いや、大人になれないと言うのかもしらん)

 

そういう人が何を手に入れるかというと、正に自分の限界を超えた新しい未来を手に入れるのである。

 

そして、一度手に入れた未来は新たな現実となり、さらにそれを超える妄想を可能としていく。

 

つまり妄想とは、人が飛躍するために必要不可欠な人類の英知の結晶なのである。

では上記を踏まえもう一度、見てみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

な?

 

 

 

 

 

 

※第一人者である、お二人のまとめ

togetter.com

 

togetter.com

 

 

 

 

<目次>

 

www.kirikuchi.net

 

<関連>

 

www.kirikuchi.net

 

 

www.kirikuchi.net

 

 

www.kirikuchi.net