読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりくちぶろぐ

好きなきりくち(切り口)から、漫画、映画、本、思想、事柄を語ったり、やってみたり

まだの読んでないの?モテる人はみんな読んでる漫画11選

漫画

はじめに

 

いつからだろうか。

明確にモテる人が変わってきたのは。

 

以前は「外見」という神が与えたもうた才能を理由に「モテ」は決まっていたように思う。

 

だが最近はどうだろうか。

それを大きく上回る価値が提唱されているような気がする。

 

それを女の子は

「話してて面白い人が好き!」

とか

「一緒にいて楽しい人が好き!」

 

とか表現し、

 

メンズは、

「切り返しが面白い人がいいよね。」

とか

「結局頭いい人がいい。」

とか発言する。

 

これは何を言っているのかというと、

自分の固定観念を何度も脱ぎ捨て、新たな価値を受け入れる人、

 

 

つまり

 

「価値観を揺さぶる漫画」

 

を読んできている人がモテるということだ。

 

それではそんな漫画を以下で紹介したいと思う。

 

 

-- 

1 寄生獣 

寄生獣(完全版)(1) (KCデラックス アフタヌーン)

寄生獣(完全版)(1) (KCデラックス アフタヌーン)

 

人は何故殺してはいけないのか?

他の生き物との違いは何か?

本当の優しさとは?

を考えることになる作品。

 

※参考

www.kirikuchi.net

 

 

 

2 天然素材でいこう。

天然素材でいこう。 1 (白泉社文庫)

天然素材でいこう。 1 (白泉社文庫)

 

ありのままの自分が一番魅力的。

誰がこんなこと信じるだろうか?

ただ、この作品はこれを信じさせてくれる。

 

 

 

3 ダイの大冒険

DRAGON QUEST―ダイの大冒険― 22 (ジャンプコミックスDIGITAL)

DRAGON QUEST―ダイの大冒険― 22 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

主人公が途中で変わる。

初めからすごい人が、さらにすごくなるために努力を欠かさない。

うん、素晴らしい。

けど、むしろ初めはダサい奴がどこまでいけるのか。

 

どこまでもいけるさ! 

と思える作品。

 

※これもどぞ。

www.kirikuchi.net

 

 

 

4 I"s

I”s完全版 3 (ヤングジャンプコミックス)

I”s完全版 3 (ヤングジャンプコミックス)

 

誰もがあったかもしれない青春。

大人はこれを見て耐えられるのか。

少年はこれを見て大志を抱けばいい。

そんな作品。

 

※こういうのもあるよ

www.kirikuchi.net

 

 

5 フープメン

フープメン 2 (ジャンプコミックス)

フープメン 2 (ジャンプコミックス)

 

 

自分が選んで勝ち取ったものを、あとで才能という一言で片付けるなよ。

そんな作品。

 

 

 

6 ドラゴン桜

ドラゴン桜(1) (モーニング KC)

ドラゴン桜(1) (モーニング KC)

 

今の社会で発言権持つためには、とりあえず有名大学はいっとけよ。

という作品。

良い悪いはともかく、心は動く。

 

 

7 うさぎドロップ

うさぎドロップ 1巻 (FEEL COMICS)

うさぎドロップ 1巻 (FEEL COMICS)

 

付き合って、結婚して、子供産んで…。

必ずしもこれじゃなくてもよくね?

違うプロセスでも人は幸せになれるよ、という作品。

 

 

 

8 カイジ

賭博黙示録 カイジ 1

賭博黙示録 カイジ 1

 

なんでもできると思ってた俺の高い高い鼻をしっかり折ってくれた作品。

こいつらはクズ。

だが、勝てない。。

 

 

 

9 G戦場ヘブンズドア

G戦場ヘヴンズドア 2集 (IKKI COMICS)

G戦場ヘヴンズドア 2集 (IKKI COMICS)

 

本気とはこういうこと。

才能とか口にするのは逃げ。

という作品。

 

 

10 聲の形 

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)

 

障害ってなんだ。

いじめってなんだ。

なんだ、この気持ちは。

という作品。

 

 

 

11 レベルE

レベルE 文庫全2巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)

レベルE 文庫全2巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)

 

宇宙人がすぐ隣にいないなんで誰が決めた?

という作品

 

 

 

 

12 LOVE理論 〜番外編〜 

LOVE理論

LOVE理論

 

小手先?

だけど、これで十分だ!

となる作品。

 

--

 

おわりに

 

いかがでしたか?

モテテクではなくて、本質的なモテを目指してもらえると嬉しいです。

(いや、僕がモテるとかそんなんはちょっとおいておくとしてね。)

 

 

それではおあとがよろしいようで。

 

 

 

 

<目次> 

www.kirikuchi.net

 

 

<関連記事> 

www.kirikuchi.net

 

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net