きりくちぶろぐ

好きなきりくち(切り口)から、漫画、映画、本、思想、事柄を語ったり、やってみたり

友だち100人にやりたいことだけで満たされた人生を 〜「苦労の先にしか幸せはない」は間違いなく嘘〜

「苦労の先にしか幸せはない」

 

これは嘘だと思う。

苦労は苦労で得るもの多いから、苦労した経験は大切にすれば良いと思うけど、

 

「○○のように生きたい!」

「○○したい!!」

 

ってのがある場合は、
 ①その前に、△△という能力身につけて
 ②△△という人脈を作って
 ③お金を貯めて
 ・
 ・
 ・
 
みたいなんは全部いらんと思う。

まず○○やってみればよくね?と。
 
 
ここで「いやいやリスクでかすぎでしょ!」

というお便りをよく頂きます。

でもちょっと考えてみたのさ

 
A.「○○をするリスク」
・仕事を辞める、お金なくなる

→いや、最悪○○やったあとどうにもならなんだら転職すればいいのではなかろうか…。

 

 

B.「○○をしないリスク」
・おそらく1回しかない人生で、やらなかったという思い出になる

→あれ、どうしようもない。。
 

はいはい、でたでたこの

「好きなことだけして生きて行こう!」理論

僕もよく思ってましたね、うざいな、、、とw
 
 
ただ、ちょっと上記Bを実感したことがあったんですよね。

それはまー簡単に言うと「老い」ですね。

今より若くなることはなくて、どんどん失われる残り時間の中で、俺が大切にしてたりとか守っているものって本当にそんなに大事? と。

(あとばりばり元気なのが30年だとしたら、今の半年って人生の60分の一ということが怖くてたまんなくなった)

 
そして「究極バイトしながらでも生きて行けるなー」とか思った。

しかも、そのバイトが好きなこととか、以前からやってみたかったこととか、やっときゃよかったってことだったら、もうその時点で幸福度は現状よりうpだよね。

 
(ちなみに僕は、カテキョとかやりたくて、教える内容はなんでもいーと思ってるので、興味ある方はご一報を!小中高大社会人赤ちゃんなんでもwelcomeですw)
 
 
 
…という理論武装をした上で、標題の
 
 
「友だち10人にやりたいことだけで満たされた人生を」
 
に戻ってみる。
 

僕がずっとご機嫌でいられる行動は

 
「誰かの価値を一緒に見つけて、一緒に磨いて、一緒に輝かせる」
 
なので、これを今自分の好きな人等と勝手にやってます。

そうするとですね、やっぱ中には自分のやりたいことだけで人生を埋められるような人も出てきて、友だちがそういう状況になった時の感動って中々表現できないんですが、すげーいんですよね。感無量っていうのかな、こういうの。
 

僕はものすごく自分大好きな人間なんで、この気持ちもっと味わいたいなーって思ってますw

なんで、上記(この長い長い文章のような話)が好きな人は、お茶でもしませうねー!

僕自身が楽しいんで、是非ぜひよろしゅうです。

 

そんな感じで、おあとがよろしいようで。

 

 <目次>