読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりくちぶろぐ

好きなきりくち(切り口)から、漫画、映画、本、思想、事柄を語ったり、やってみたり

一度は住んでみたい!東京の大規模シェアハウス5つの魅力

考え 行動

やまだは、

 

大規模シェアハウス①(100人規模、1年)

大規模シェアハウス②(180人規模、1年6ヶ月)


の2つに住んでいました。

 


そんなやまだが、大規模なシェアハウスを、

【恋愛、遊び、生活、特異点、人生】

の5つのきりくちから解説してみます。

 

※最後に実際に住んでたとこや、遊びに行ったところを紹介してます。

 

 

1 恋愛

中学生みたいな感じです。

駅から一緒に家に帰っているだけで、

 

「あの2人この間一緒に歩いて帰ってたらしいよ」

 

みたいになりますw

 

あ、でも決してめんどくさいやりとりなわけじゃなくて、ふざけながら、けどちょっと実際も気になってる感じです。
楽しいですよw


ちゃんとしたところとかで言えば、シェアハウスで付き合って結婚とかはめっちゃ多いですね。

この辺とかまさに。

 

こういうの結婚式に行くとめちゃくちゃ楽しいんですよね!

半分以上友達ばっかだから、圧倒的なホーム感を持って全体的に盛り上がれる。

 


またその他にも出会いの数が桁違いになるので、いろんな恋愛を楽しむことも可能ですね(いー意味で)。

(てか、ほんとに桁違いだ。月に1回合コンして3名新しい異性に出会っていたのが、優に月30人くらい新しく異性に会う。シェア友達の友達とかほぼネズミ算的にw)

 

 

2 遊び

まさに数の暴力。

人が集まっているっていうのはそれだけでパワー。

 

 

たとえばみんなでホストクラブやってみたり

f:id:Manga_Maestro:20160207001440j:plain

 


男だけでディズニー行ってみたり

f:id:Manga_Maestro:20160207001516j:plain

f:id:Manga_Maestro:20160207001506j:plain


男だけでミニ四駆やってみたり

f:id:Manga_Maestro:20160207001545j:plain

【追記】

あ、公式にも採用されてるw

ミニ四駆サーキット貸出しサービス

 

 

こんな風に絵になるw

見栄えもよくてすごく楽しそうでしょ?(実際楽しいってのもあるし

 


一緒のところに住んでいるから、こういった面白い企画を日夜集まって、洗練させることができる。わいわいがやがや笑いながら、本気で面白くしていけるのは本当に楽しい。

 

 

3 生活

まず家賃ですが僕が住んでいたところは

 ①月5万円程度
 ②月10万円程度

でした。

 

これを高いと見るか安いと見るかは結構議論の別れるところですが、敷金礼金無しで、電熱ネット込みで、カフェ利用料プレゼントということから僕は安いと判断しましたね。

 

あと、2ヶ月間フリーレントとかもあったんで、1年で
 ①50万
 ②100万
でした。

 

その後の一人暮らしは、初期投資で70万円、年間で家賃120万円、その他24万とかだったので、200万円以上と2倍でした。
(まじか、まとめてて気付いたけどこれは凹む。もう一人暮らしはしたくない。。)

 

あと、僕が住んでたところはどちらも、風呂トイレ共有。

ここが結構ネックだっていう人いるんですが、

 ①掃除を業者さんがやってくれる

 ②複数階のいずれかに入ることができる

ことからほぼ困んないですね。

 

イメージ寮生活みたいな感じですかね。

 

 

4 特異点

たとえば、外見的特異点としての格好いい男、かわいい女の子がたくさんいますね。

他にも、能力的特異点として、弁護士、医者等とかあまり普通に生活していたら会わないような人らがちらほらいます。

経営者とか、SODとかもw

 

ただ、1年位経つと明らかにそれらの特異点の数が減ってきます。

これはなんなんすかね。

おそらくですが、昔のクラブ理論みたいなものが起こっているのかなと。

 ①会員限定のクラブができる
 ②選ばれた人しか入れない
 ③イケてる人が集まる
 ④徐々にメジャー化する
 ⑤イケてる人たちがつまんなくなる
 ⑥新しい限定のクラブができる
 ⑦そこに移動する

みたいな。

 

こういう質の担保は大規模シェアハウスの本質的な課題かと。

だから、入るなら新しく出来た所が良いと思うよ。

オープニングで行くと入って行く時のハードルが最小限だし、1周目のイベントは全部新鮮で楽しいしね!

 

 

5 人生

単純に友だちが増えます。

それも仲良さレベルで言うと、中高の親友レベルが。

やっぱりあれだけ人がいると、今後も一生仲良くしたいと思える人が1人2人いるんですよね。

 

そういった友達を得る機会が年々少なくなっていくのを感じるし、やまだの人生は友達で彩られていると思っているので、大規模シェアハウスに住んだ経験は僕の人生を間違いなく豊かにしました。

 

他にも、住むという当たり前のところが、めちゃくちゃ楽しい遊び場にな

地元を出て、結婚するまで一人暮らしっていう当たり前というのは変わろうとしてるんじゃないかな。

 

「型化からの脱出」

 

っていってもいい。

 

そうは言っても、シェアハウスに住むにはいろんな不安があると思う。

だから、

一回旅行気分で住んでみたらどうだろうか?

 

海外旅行に行くくらいの金額を払えば、どこのシェアハウスでも1月以上住めると思う。しかも、会社を休むことなく、だw

 

そうしていつもよりちょっとだけ積極的に人と話して、おもしろければ本格的に転居すればいい。

 

面白くなかったら、
「あーシェアハウス?私には合わなかったなー」
って思えばいい。これで変な憧れとかもなくなるからお得だw

 

 

けど、住んだら面白いと思う可能性は十分にあるよ。

大丈夫、シェアに住んでいる人は無駄にコミュ力高いから入って行きやすいしw

 

そんな感じで僕は結構大規模シェアハウスオススメ派です。

 

 

 

 

大規模シェアハウスの紹介

上記で少しでも興味出た人は是非ぜひアポとってみてください。

 

 

 

ソーシャルアパートメント新検見川

千葉の新検見川(総武線)にある大規模シェアハウス。

ここは都内からは遠いけど、安いし、千葉全域から集まれるので割りと人を呼びやすい。

 

 

 

ソーシャルレジデンス蒲田

ここは、とりあえず数w

 

 

ワールドネイバーズ護国寺

ここが今のところ一番住人の質がいいんじゃないだろうかっていうくらい面白い人がいっぱいいる。

ただできて2年くらいなんで、そろそろ面白い人達も抜けてきているかも。

 

 

 

ワールドネイバーズ本八幡

めっちゃ綺麗なのに安い。

ただ、ビリヤードとかはすぐにやらなくなるw

 

 

 

ソーシャルアパートメント和光

居住空間と共有スペースが完全に切り離されているので、イベントとかはやりやすい。

一方で簡単な移動ができないことから、参加、不参加の人たちで大きく別れる。

個人的には、靴を履かないと共有スペースに行けないのは割とストレスだった。

 

 

ソーシャルアパートメント恵比寿

高めの物件。

立地的にはやはり便利。

一方で、クラブ的雰囲気であまり落ち着かなかった。

そういうのが好きな人にはオススメ。

 

 

 

ネイバーズ宮前平

割と最近出来たとこ。

他のシェアハウスから2件目として来ている人が多い印象。

そのためあんま勢いがない。

ただ、設備面とか住んでいる人とかは面白いひとが多いので、コミュニケーションをちゃんととりさえすればめちゃくちゃ有意義になりそう。

 

 

 

 

 

コメント

やっぱ一度大規模シェアハウスに住むと、そのあたりの知り合いがたくさん出来ていろんなシェアハウス旅行とかできるのもおもろい。

コメントが薄いのは、だいぶ昔で忘れていることも多いから。ごめんw

また新しく行くたびに更新していきます(´・ω・`)

 

 

 

 

そんな感じで、少しでもためになればー。

おあとがよろしいようで。

 

 

 <目次>

 

<関連記事>

www.kirikuchi.net

 

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net