きりくちぶろぐ

小難しく考えて、シンプルに生きる。

考え

世界最高のコーチ、アンソニー・ロビンズの7つの信念

世界最高のコーチである、アンソニー・ロビンズを再読している。 このへん 一瞬で自分を変える法 (知的生きかた文庫) アンソニー・ロビンズの運命を動かす (単行本) 一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える アンソニー・ロビンズの自分を磨く …

表現するのに必要なのは、あと「怖れを楽しむこと」のみじゃないかな

カツセマサヒコさんのこの投稿を見て思ったんですが、 ○歳になってわかったことを書こうとすると、40歳も50歳も見ている。成功したコツを書こうとすると、もっと成功している人たちも見ている。稼ぎ方を書こうとすると、もっと稼いでいる人たちも見ている。…

東京から田舎に移住して2年経ったので、いろんな質問に答えるよ?

大都会東京を離れて、そろそろ2年。 結構いろんなことがわかってきたので、質問に答えていこうと思います。 ちょっと前に、質問に答える形でこんなの書いたんですが、 【東京→田舎移住でわかった6つのこと】①情報取得はそんなに困らない②地方創生という言葉…

「べき」という言葉遣いを辞めたらステージが変わったお話。

さて、いきなりですがみなさん、今日何度「べき」って使いましたか? たとえばこんなのはどうですか? 「子供は生むべき」 「大学には行くべき」 「真面目に生きるべき」 いやいや、それだけが全てじゃないでしょ。 なんで正解みたいに言うのよ? 余り強い言…

エーゼロ株式会社取締役を辞めて、執行役員になりました。

News 2018.4.2 ベンチャー界隈及びローカル界隈を1つのNewsが駆け巡った。 カッチャマンこと勝屋久さんと、GREE Venturesパートナーの堤達生さんにジョインいただき、エーゼロ株式会社を爆発的に成長させていくことを決めました。 ちなみにお二人の紹介は、…

諦められたミレニアル「前」世代の逆襲

いきなりなんですが、僕ら世代ってなんか諦められてません? 僕らより上の世代は、イケイケどんどん、日本の成長と伴っていろんなことを達成し、快楽を貪る。 自分で汗水流して頑張って頑張って、かっこいいスーツを着て、イケてる店で可愛い子たちと派手に…

昔、全ての仕事は「新しい仕事」だったんだけどなー。

最近思うことがあって、高校生とか大学生とかと積極的に会っていってる。 結論、 若い世代、優秀。 そもそも歳をとっているから優秀だなんてことはないんだから、若い世代が優秀でも何の不思議もない。 日本、いや世界の未来は明るい。 これは間違いない。 …

取締役1年目で学んだ5つのこと

僕らのエーゼロ株式会社は、今年第2期を終え、売上3.6億円となりました。 2018年は今よりももっともっと「地域には可能性がある」ことを実践しながら実証していきたいと考えています。 そんな中僕は必ずしも誰しもが「成長」を目指さなきゃいけないとは思っ…

ローカルを感染させる -「地方が今おもしろい!」の限界

"地方創生"というマジックワードによって、「地方」「ローカル」は今までにないくらい盛り上がっています。 そう、「もともと地方、ローカルに興味があった人たちの間」ではね! これはローカルで活動する人は知っておいてもいいことだなと感じてます。 自分…

ブログをはじめて失ったもの

ぐだぐだ考えるのが好きである。 それを言語化するのも好き。 その言語化に違和感を覚えて、さらにぐだぐだ考えるなんてすごく幸せな時間。 そんな僕です。 そんな僕にとって「ブログ」というやつはめちゃくちゃ性に合っている。 何かを体験して、それについ…

ブログを書くモチベーションの変化 -行動と思考のバランス

どうも、やまだです。 みなさまこんにちは。 今回はなんというか、完全に雑念投稿となります。 ご容赦くださいませ。 あ、ただ、一応テーマもあって、「行動と思考のバランス」です。 なんでこんなんを書こうかと思ったかと言うとですね、 ブログ書きたくな…

仕事における「信頼」ってなんだろう?

「信用じゃなくて信頼が大切なんだ!」 「お客様に信頼される商品を作りたい!」 「信頼し合えるチームこそ理想のチームだ!」 「それは信頼貯金が減っちゃうよ!」 「これからは信頼(信用)経済だ!」 こんな風に「信頼」って言葉はものすごく沢山使われて…

ベンチャー起業家が想いのまま突っ走ったら地域が良くなる仕組みを創りたい

「やまだの仕事はわかりにくい」 「で、お前は結局何をしているの?」 などなどお声を沢山いただく。 興味を持っていただいているからこそだろう。 ありがたいことだ。 ・・・ありがたいことだが、いや流石にここまで理解されていないと寂しくもなるので今現…

「起業するなら東京でしょ!」は間違いだからね?

ベンチャー企業で、上場まで担当しました。 関連記事:株式会社アカツキを退職しました 。 なんてことを言っていると、血気盛んな若者から連絡をもらうことがある。 そういう若者のエネルギーというやつはなかなかなあれで、単純に「すごいなー」と思うのだ…

解ける問題、消える問題

世の中には色んな問題がある。 「プロジェクトが炎上しちゃってさ・・」 「この大学の入試問題が難しくてさ・・」 「クリエイティブな映画が創れない・・」 「夫婦仲がうまくいかなくて・・」 などなど。 他にも、環境問題、中東問題、人口減少問題、経営問…

高校生は地元に戻ることなんか考えなくていい

地元に戻ってふらふら活動しているとこういうシーンによく出会う 「なんとか若者に地元に残ってもらいたい!」 「大学卒業したら地元就職を!」 「18歳の壁を壊したい!」 「Uターンバンザイ!」 わかる!わかるよ? 自分の好きな地元を自分の子供や若い人…

ICO × LOCAL -仮想通貨と地域のありえないほどいい関係

ビットコイン、ブロックチェーン、仮想通貨、イーサリアム・・・ これらのよくわからんTech系の言葉の文脈で最近注目されているのが ICO (=Initial Coin Offering) である。 ちょっと調べることがあったので、現時点の僕的理解を残しておきます。 概念的…

「西粟倉・森の学校」「エーゼロ」代表"牧大介"の発言をまとめてみた。【2017】

知っている人は全員知っているけど、知らない人は誰も知らない西粟倉の牧大介氏の発言についてまとめてみました。 弊社の代表でもあるので、手前味噌感もあるのですが、おもしろかったので。 簡単に説明すると、西粟倉が合併しないことを決めた2004年より前…

スタバがなくなる日。それが、地域人口減少の本当の意味だと思う。

このあいだスタバに行きました。 1時間45分かけて。 いや、たしかに東京ではよく行ってたよ? でもそれは割りと悩まなくても一定水準のカフェ&wifiがあるからというだけで、どうしても季節限定のフラペチーノが飲みたいということではなくてですね・・。…

ちょっと1500人の村"西粟倉"の本気を見てほしい。

いきなり 村に来て! とか言われてもわけがわからないし、遊びに行くだけならまだしもそこに 住まない? なんてハードルが高すぎると思う。 ましてや 仕事もないから自分で作ってね! って鬼かと。。 ただ割りと人口1万人以下くらいの自治体ではこういう提…

震災の街"石巻"はなぜ変わったか?

メンバー | ローカルベンチャー推進協議会 今、石巻に来ている。少し昔風に言うと「石巻なう」である。 1 なぜ石巻にいるのか? あまり外に出ない僕がなぜ朝5時に家を出てまで、宮城県の石巻市にいるかというと、、、、、、 (硬いので読み飛ばし推奨) ロ…

「らしく」生きることがなぜいいのかを、論理的に考えてみたので聞いてほしい。

最近「らしく」推しのやまだなんですが、そんな事を言ってると 「え、スピリチュアルにいったん?」 とか 「ビジネスの世界はもう諦めたん?」 みたいなことを言われて、ぐぬぬぬってなったんで、ちょっと本気出して なぜ、「らしく」生きることが、本人にと…

田舎だからこそITツールを駆使して、業務を改善してみたお話。

はじめに うちの会社(エーゼロ株式会社)は、岡山県の西粟倉村という人口1500人程度のところにあるんですが、おそらく岡山県で一番ITツールの導入がなされていると思います。 (いや、うちのほうが進んでる!ってのあれば言ってくださいね。競っている…

二十代の後半、僕は結婚したかった。。

第一段階 知識 まず何をやればいいのだ? 「何をやればいいか」から調べてみよう。幸いにも知識の習得は苦ではない。手始めにこれら(LOVE理論、スパルタ婚活塾から読んでみるか。 うむ、すばらしい。これがモテるということか。次に、これ(愛するというこ…

本当にやりたいことの間違った探し方

今、空前の「やりたいこと探し」ブームである。 ただ、考えてみれば当たり前で、多くの仕事がテクノロジーの恩恵を受け、代替可能なものとなり、仕事は今までのように 「食べていくために必須のこと」から、「意味を見出すもの」へと変化してる。 それを嗅覚…

そりゃ東京から地方に移住しないわ、という話。

僕が東京から地方に移住したってことを知った友達はすごく興味を持ってくれる。 「なんで田舎に行ったの?」 「生活はどんな感じ?」 「退屈しない?」 などなど それらについて僕はありのままを答える。 そうすると大体最後には 「あー田舎もいいねー!行っ…

ビジョンとかミッションが苦手なあなたに。

今、世の中は空前のビジョン・ミッションブームである。 というのが事実かどうかはさておき、最近組織の「ビジョン」や「ミッション」という言葉をよく見かけるようになったのではないだろうか。 たとえば、こんなビジョン・ミッション みんなの第2の脳にな…

無自覚に批判反論をしてしまっている人のたった1つの特徴

ブログなんかを書いていると、オープンにもクローズドにも色んな意見をもらう。 中には 「おお、その観点はなかった!」 「まじか!考え進むわー!!!」 みたいな、めちゃくちゃクリエイティブな意見をもらうこともあって、これこそがブログの醍醐味だなー…

ベンチャーが弁護士を採用する3つのメリット -弁護士採用のススメ

前回 弁護士がベンチャーに入る3つのメリット -ベンチャー企業内弁護士のススメ を書いたんですが、 「じゃー、ベンチャーは弁護士を採用した方がいいの?」 という声が企業さん側から上がりそうだったので先にまとめてみる。 1 根性がある 弁護士、根性あ…

弁護士がベンチャーに入る3つのメリット -ベンチャー企業内弁護士のススメ

何度言っても万引きを繰り返すおじいさん・・ 詐欺まがいのビジネスを行う若人・・・ 自分の非を認めず相手を一方的に責める女の人・・・・ あれ?俺こんな人たちを助けるために弁護士になったんだっけ? そう思ったあなた! ベンチャーの企業内弁護士になっ…