読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりくちぶろぐ

好きなきりくち(切り口)から、漫画、映画、本、思想、事柄を語ったり、やってみたり

自分とは違う存在 -女子高生と障害者

地元に戻ってきて、友達と打ち合わせをする時、ファミレスを利用する。

ファミレスが混んでいる際、新たに僕らが入っていくと、一斉に視線が集まったあと

 

「あ、自分とは関係ない」

 

と興味を失った顔をされる。

ファミレスの利用者の多くは女子高生だったりするから、なんかよくわからないけどちょっと傷つく。

これは俺らが30歳を過ぎたおっさんになってるから仕方ない面があり、「そもそも私達とは違うカテゴリーなのさ」というのはそこになんの意図もなく無意識のうちに選別されていたりする。

 

一方おっさん側としては、自分たちが高校生の頃もあったことから、女子高生を完全にカテゴリー外に置くのは難しい。思い出がめっちゃフラッシュバックしたり、それこそ自分の娘がこんな風になったらいいな、わるいなを考えてしまう。

 

さらに、おっさんになればなるだけ、自分と今まで無関係だったおっさんたちも自分と同カテゴリーになってきて大変だ。

 

「あんな感じになってくのかな・・・」

 

と凹んでみたり、

 

「ま、それでも楽しければいっか」

 

と開き直ってみたりを繰り返す。

自分のカテゴリーが広がりをみせるのは恥ずかしくもおもしろいものであり、また、他のカテゴリーでさえも興味を持って見えている自分が結構好きだったりする。

 


そこでふと、俺自身が

 

「あ、自分とは関係ない」

 

と思っている特定のカテゴリーの人がいるだろうかと自問した時に浮かんだのが、

 

「障害を持っている人」

 

だった。ちょっと驚きだ。

 

僕の周りには小さい頃から障害を持っている人がいた。
それこそ、友人と言えるやつもいる。

 

だけど、今俺は障害を持っている人を「自分とは関係ない」と思っている。

自分の精神的な未熟さを置いて論じると、これは俺が「選択」してきているんだと思う。

小中のように自らそこにいることに選択の余地がないような状態・周囲の状況の場合、障害を持っている人は同じカテゴリーにいた。

一方、高校受験をし、大学受験をし、所属するコミュニティー、一緒にいる友人を「選択」するようになって以降は障害を持っている人は周りにいなくなった。

 

いや、無意識に排除してきたんだと思う。
この無意識っていうのがめっちゃ怖い。

 

僕は、障害を持っている人(そもそも一括りにするのもどうかと思うが、今回はそこは省略)に対して、敬意を欠く行動をしている人に対して本当に嫌悪感を抱く。

わかりやすくいえば、死ね、そう思っている。

 

けど、無意識レベルで俺は同じことをやってるのかもしれない。

それも存在レベルでの否定だ。

 

俺が女子高生に存在否定されるのは理解できるが、障害を持っている人が俺に存在否定されるのはイミフだ。なんらの合理性もない。


俺は別に

 

「障害を持っている人を同じカテゴリーに入れよ」

 

とか

 

「みんな友達だろ」

 

とかいいたいわけでも何でもない。

 

ただ不思議なんだ。

俺は自分の価値観に従って、いろんな事を選択してきた。

なのに、なぜ「障害を持っている人」が周りにいない?

俺は、本当に物事を自分の価値観に従い選んでいるのか。

それとも、本当の自分の価値観は「障害者排除」なのか。

 

 


こわい。

だけど、一度覗いたからには、逃げるのはやめて何らかの答えを出したいと思う。

今はまだ出せてないが、そういうきっかけになった。

ありがとうよ、女子高生。

 

 

 

 

<目次>

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

 

 

 

<関連記事>

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

 

 

仕事が気持ちよくなる本 -きりくちぶっく005

誰しも「できる男」になりたいと憧れるもんだ。

成人してから「できる男」というのは、主に仕事で評価される。

じゃあ、仕事をできるようになってやろうと思って読んだ本達。

 

 

1 ゼロ秒思考

ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 

 

 

2 エッセンシャル思考 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 

 

 

3 7つの習慣

7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームススキナー,川西茂
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12/25
  • メディア: 単行本
  • 購入: 148人 クリック: 4,806回
  • この商品を含むブログ (777件) を見る
 

 

 

 

4 渋谷で働く社長の告白

渋谷ではたらく社長の告白〈新装版〉 (幻冬舎文庫)

渋谷ではたらく社長の告白〈新装版〉 (幻冬舎文庫)

 

 

 

5 論点思考

論点思考

論点思考

 

 

 

 

きりくちぶっくのまとめ

www.kirikuchi.net

 

無駄なことを考えたくなる本 きりくちぶっく004

実社会ですぐにでも使える数多くの知見。

便利便利と知識を蓄え、すぐ使う。

即効性というものの魔力は中々あなどれない。

 

そんな中、一見すると無駄にしか思えない考え。

 

「こんなこと考えてなんの意味があるの?」

 

そんな問いが、何度も何度も頭をめぐるが、毒が体をじっくり蝕むように、自分の体の中に入ってくる。そういうことが趣味の方にオススメなのが下記の本。

よければ。

 

 

1 般若心経講義 

般若心経講義

般若心経講義

 

 

 

2 好きなようにしてください 

好きなようにしてください―――たった一つの「仕事」の原則

好きなようにしてください―――たった一つの「仕事」の原則

 

 

 

3 人間の建設

人間の建設 (新潮文庫)

人間の建設 (新潮文庫)

 

 

 

 

 

4 うらおもて人生録

うらおもて人生録 (新潮文庫)

うらおもて人生録 (新潮文庫)

 

 

 

 

 

5  夜と霧

夜と霧 新版

夜と霧 新版

 

 

 

 

 

 

きりくちぶっくのまとめ

www.kirikuchi.net

 

ブログを始めたくなる本 -きりくちぶっく003

読書だけではなく、FacebookやTwitterなど色んな情報をインプットしてきて、ある時を境にインプットの質が明確に下がり始める。

 

「あれ、なにか悪いのか?」

 

と考えても中々答えが出ない。

そんな時、これらの本に出会って

 

「あ、表現すればいいのか」

 

となったことから、きりくちぶろぐをはじめた。

今まで自分の中で蠢いてものが、自分という切り口で発信されることでさらにインプットへの欲望が高まり、質も向上した。

そんな本がこんな感じです。

 

 

1 STEAL LIKE AN ARTIST

クリエイティブの授業 STEAL LIKE AN ARTIST

クリエイティブの授業 STEAL LIKE AN ARTIST "君がつくるべきもの"をつくれるようになるために

  • 作者: オースティンクレオン,Austin Kleon,千葉敏生
  • 出版社/メーカー: 実務教育出版
  • 発売日: 2012/09/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 29回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る
 

 

 

 

2 「自分メディア」はこう作る!

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

 

 

 

 

3 SHOW YOUR WORK

クリエイティブを共有!  SHOW YOUR WORK!

クリエイティブを共有! SHOW YOUR WORK! "君がつくり上げるもの"を世界に知ってもらうために

 

 

 

4 魔法のコンパス 道なき道の歩き方 

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

 

 

 

 

5 武器としての書く技術 

武器としての書く技術 (中経出版)

武器としての書く技術 (中経出版)

 

 

 

 

 

きりくちぶっくのまとめ 

www.kirikuchi.net

 

結局何のために生きているんだっけというときに読む本 -きりくちぶっく002

普段生活を送っているときに、ふと

 

「あれ?俺ってなんのために生きてるんだっけ?」

 

となります。

自発的に死にたいとかではないけど、究極死んでもそんなに困らないし。

じゃあ、なんで死なないのか。

あんまり自分の中に答えがなかったりする。

そんなときに、これらの本で自分なりの答えを見つけることができるかもしれない。

そんな本です。

 

 

1 嫌われる勇気 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 

2 幸せになる勇気

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

 

 

3 どうせ死ぬのになぜ生きる

どうせ死ぬのになぜ生きるのか (PHP新書)

どうせ死ぬのになぜ生きるのか (PHP新書)

 

 

 

 

4 ありがとうの神様

ありがとうの神様

ありがとうの神様

 

 

 

5 愛するということ

愛するということ

愛するということ

 

 

 

 

 

きりくちぶっくのまとめ

www.kirikuchi.net