きりくちぶろぐ

好きなきりくち(切り口)から、漫画、映画、本、思想、事柄を語ったり、やってみたり

ローカルを感染させる -「地方が今おもしろい!」の限界

"地方創生"というマジックワードによって、「地方」「ローカル」は今までにないくらい盛り上がっています。

 

そう、「もともと地方、ローカルに興味があった人たちの間」ではね!

 

これはローカルで活動する人は知っておいてもいいことだなと感じてます。

自分たちの常識は、ものすごく狭い範囲の常識であることを。それが良い悪いではなく、ローカルにそもそも興味がない人は、上勝の葉っぱ神山のIT西粟倉のベンチャー感なんて全然知らないから。

それぞれめちゃくちゃおもしろいけど、僕も地元に帰って望む望まないに関わらず「ローカル」という世界に踏み込んだからこそ知っただけで、おそらくずっと弁護士ITベンチャーを続けていたら知ることなく生きていったんだと思う。

 

 

なので「ローカルが今おもしろいよ!」みたいな軸で発信していくことの限界を一回まとめておこうと思う。

 

 

ちょっと前まで

ローカルに興味がある人は昔から一定数いて、その人達を少数の市町村がどんどん獲得していきました。

f:id:Manga_Maestro:20171206223309p:plain

島根の離島「海士町」で人口増が!

岡山県の端っこ「西粟倉村」で多くの起業家が!

 

みたいなのはこの時期中心的に騒がれました。

地方創生ブームとかこのあたりのことをいうのかもしれないですね。

 

 

今現在

そうこうするうちに、こんな感じになってきました。

f:id:Manga_Maestro:20171206223921p:plain

ローカルに興味がある層が増えていないのに、来てほしい市町村は増え続けました。

そうするとどうなると思います?

いや、自明ですよね?

 

来てくれる人が減る or 特定の地域だけが獲得する

 

このどちらかです。

もう限界ですよねこれ。

 

では、どうすればいいのか?

 

 

解決策① 潜在層を顕在化

最初に思いつくのはこれ。

ほんとはローカルに興味があるけどそれに気付いていなかった人たちにちゃんとローカルに気付いてもらう。

f:id:Manga_Maestro:20171206224344p:plain

今はわりとこれにいろんな地域が力を入れている。

「地方には●●があるよー!」

「地方でも●●ができるよー!」

なんてのは全部これだ。

 

これに反応するのは、もともとローカルに興味があった人たち。

だって、●●絶対東京にもあるし。なら東京でもいいじゃん?

それに、潜在層を加えても「ローカルに興味がある人」は少ないんじゃないかと思っている。東京で地方系のイベントをやった時のおなじみの顔ぶれ感や集客の難易度をみても。

東京でローカルに興味がある人なんて1%もいないんじゃないかな?

だって、興味あったら東京いないだろうし。

ということで、「地方が今おもしろいよ!」といってもそれが刺さる層自体が少ないんだから、ここはもう限界だと思う。

今のやり方を続けても移住してくる人は増えない。

 

 

解決策② 興味ない層

だったら、もうこうするんじゃないかな?

ローカルに興味がない人を興味を持たずして関わらせる。

f:id:Manga_Maestro:20171206225343p:plain

 

どういうことかというと、人の興味というやつはほんと様々で、こんな感じに出来上がっている。

 

粒度はバラバラ

f:id:Manga_Maestro:20171206225443p:plain

 

 

これらローカル無関心層の持つ興味にローカルを無理やり入れ込む。

 

「ローカルを感染させる」のである。

 

 

f:id:Manga_Maestro:20171206225557p:plain

 

これはICOなんかがわかりやすい。

ICOにしか興味がない人が、自らの興味でICOを深掘りしていくと、今だと絶対世界初の自治体ICOとして西粟倉村というローカルにぶつかる。

これは別にローカルに興味があったわけではない人が、ローカルに触れざるを得なかった瞬間である。

関連記事:世界初の自治体ICO研究に着手!人口1500人の村"西粟倉"の挑戦

 

他にも、シェアリングエコノミーに興味がありエアビー等を深掘りしていくと、オープンシティを謳う釜石市というローカルにぶつかる。

釜石市オープンシティ戦略

 

また、ベンチャー起業家が選ぶ場所としてのローカルも在るのかもしれない。

関連記事:ベンチャー起業家が想いのまま突っ走ったら地域が良くなる仕組みを創りたい

 

 

今までは、「ローカルに興味がある」かつ「起業家精神がある」のような存在自体鬼難易度の人がほんとたまたまいたからいまの盛り上がりが在るんだと思うんですが、そんなんめちゃくちゃちっちゃいパイだよ?

こんな感じで、ほんとたまたま日本に1人、2人いてよかったねってレベル。

f:id:Manga_Maestro:20171206230846p:plain

そんな人達をいつまでも期待していても仕方ないから、ちょっと考え方を転換して、

 

ローカルを感染させていく。

無意識に。まるでウイルスのように。

 

それができたら、結果としてローカルに関わる人が増えていくのではないでしょうか。

それができたらおもしろくない?

 

ということで、こちら2018年の僕の目標で。

色んな興味関心分野に是非とも呼んでください。

あなたの興味をローカルという切り口で見てみると新しく見えるものもあるのかもしれません。その結果感染したら最高だ!

 

というね。 

 

 

あ、そだこれを言い忘れちゃいけないんだけど、

 

ローカルは今おもしろいよ!

 

これは間違いないからね。

最後にちゃぶ台返しみたいであれですが、おあとがよろしいようで。

 

 

目次:きりくちぶろぐの目次

 

よく読まれている記事:

【2017年】今まで買ってよかったモノ・サービス20選【9.29更新】

【2017年】今まで買ってよかった本46選【10.9更新】

【2017年】今まで読んで感動した漫画本37選【8.10更新】

弁護士を辞めました。

株式会社アカツキを退職しました。

「モテる」というきりくちで

地方で生きるというきりくちで

「弁護士」の枠外というきりくちで

凄い人と優秀な人の違い

弁護士が選ぶ今年読むべきオススメ漫画100選

 

ブログをはじめて失ったもの

lost

ぐだぐだ考えるのが好きである。

それを言語化するのも好き。

その言語化に違和感を覚えて、さらにぐだぐだ考えるなんてすごく幸せな時間。

 

 

そんな僕です。

そんな僕にとって「ブログ」というやつはめちゃくちゃ性に合っている。

何かを体験して、それについて考えて、言語化して、また考える。

幸せだ。

 

だけど、この「きりくちぶろぐ」をはじめて失ったものもあったので、それを記しておきたい。

 

自己紹介

自分の考えや体験したことをあまりにも書いているもんだから、どこかみんな僕を知ってくれていると思って話しをはじめてしまっている。

これは別に自分が有名になったとかそういうことを思っているわけではなく、ブログを書いているとものすごく「しゃべったことある感」がある。

これないですかね?

「あれ?これ前にも話したことあったような、、、?」

みたいな感覚。

 

そうあれ!

あれがずっとあるんですよ、自分のこと話すときとかに。

 

だから僕としては、

「この人はじめて聞いた風に聞いてくれているけど、もしかして二回目かも、、申し訳ないな・・もっとシンプルに話そう」

みたいになる。

 

そして反対に全部話したことあるような気でいるから、大事な前提を結構端折って話してしまう。飲み会で言えば、一緒に温度高めて最後に到達するようなところを最初っから話そうとしてしまう感じというか。

 

相手が自分のことを知ってくれているというのは、すごく幸運なことだからそうじゃないことを前提に(多少くどくても)ちゃんと話そーと最近は思うようになりました。

 

 

友人

僕は友達によって活かされてるし、生かされてると思っているような甘めな人間なんで、これは堪えた。

僕はブログをできるだけ今感じていることを伝えられるように書こうとしているので、どうしても全方位的配慮はできない。なのである程度僕のブログをみて不快に思う友人もいたんだと思う。

すごく嫌だ。誰かを傷つけてまで僕はこんなことをするのか?

と何度も問いかけたけど、これはブログにかかわらず割りと自分の考えを持って生きるのであれば大なり小なり生じることだと今は思っている。

 

はっきりと傷ついたとか不快だとか伝えてくれる方はまだリカバリーの方法があるからいい。ひとりひとり丁寧に言葉を紡げば誤解(だいたい誤解)は解ける。

どうしようもないのは、何も言わずに僕にがっかりして去っていく人たち。

 

「そんな人はもともと友人じゃないよ!」

 みたいな強いことなんて言えるわけもなく、そしてたいていその事実事態に気づくこともなくその人は僕の人生からいなくなる。

すっごく悲しい。

 

 

 

 

チャンス

ブログは、今時点の僕が考えていることが記載されます。

言い方を悪くすると、「今の僕ごとき」です。

もちろん、今考えて辿り着いているおもしろいきりくちの気付きだったり、有益だと思うことだったりを書いているつもりだけど、それもこれも所詮今の僕レベルである。

しれてる。

 

「そんな考えしか出来ない人と一緒に仕事はできないよね」

 

こう思われても仕方ないことも書いてる。

会合や何らかの集まりの際に、雰囲気できる感じを出していたとしても、あとでブログでモロバレだ。

何かの分野で超一流の人たちと会ったあと、Facebookでつながってブログを読まれることが恥ずかしくさえ感じる。

 

 

とはいえ、1年前に書いている内容を読んで、自分自身恥ずかしく感じるということは割りと明確な成長だと思うので、それはそれでいいのかもしれない。

この辺のもがいていることがどのように評価されても、10年位経って到達したところがよければいい。ような気がしている。

 

 

 

 

 

おわりに

こんなものたちを失いました。

まーこれらが悪いとか良いとかそういうことではなく、色付けする意味もあんまりないなーと。

ただ、ブログを書いている人たちは(僕も含め)圧倒的にブログを書いていてよかったと思っているので、ポジショントークがすごすぎてなんとなくバランスとるために書いとこうかと。

 

そんな感じでおあとがよろしいようで。

 

 

 

目次:きりくちぶろぐの目次

 

よく読まれている記事:

【2017年】今まで買ってよかったモノ・サービス20選【9.29更新】

【2017年】今まで買ってよかった本46選【10.9更新】

【2017年】今まで読んで感動した漫画本37選【8.10更新】

弁護士を辞めました。

株式会社アカツキを退職しました。

「モテる」というきりくちで

地方で生きるというきりくちで

「弁護士」の枠外というきりくちで

凄い人と優秀な人の違い

弁護士が選ぶ今年読むべきオススメ漫画100選

 

地域にはまだまだ可能性がある!エーゼロ株式会社のこれからの冒険

「そろそろコーポレートサイトつくろっか?」

 

そんな風に始まるのはベンチャー企業のいいところ。

そうして出来上がったのが下記のサイトです。

 

地域経済を醸す - エーゼロ株式会社

 

今まで、自分たちのやっていること1つ1つは意味があるけど、

「僕らは結局何をやっているんだろう?」

ということについてうまく言語が出来ずにいました。

 

そんな中、色んな方の力を借りてこれを作り、その人達が自分たちの「何か」に手を入れたとき、どうしてもその「修正」や「改善」が納得できず、気持ち悪くて、柄にもなく苛ついたりしてしまい、「あーこれを僕らは大切にしているんだ」とどんどん輪郭がはっきりしていきました。(その節は本当にお世話になりました。)

 

まだこれからどんどん良くなっていくことが大前提としてありつつも、僕らのエーゼロ株式会社は、今はこういう会社です。

 

是非、ご興味ある方は。

 

 

 

why

f:id:Manga_Maestro:20171122141856p:plain

  

僕たちは、「地域にはまだまだ可能性がある」と信じています。

「可能性」は、地域の資源はもちろんのこと地域で働く行政の方や企業の方、はたまた孫を可愛がるおばあちゃんおじいちゃんのような当たり前にそこにいる人々にも宿っています。

ただともすれば、それらのモノ・ヒトは、一緒くたに価値なきものとして「雑」にまとめられてしまいます。

1つ1つ、1人1人、違うし、個性があるし、役割があるのに。

 

そんな1つ1つ、1人1人に再び光を当て、可能性を見つけ、その可能性を実現して行きたい。

そんな風に思っています。

 

 

そこで、代表がいいことを言ってます。

ある地域に、とんでもない宝物が埋まっていると想像してみる。それは地域にあるものを組み合わせると発掘することができ、宝物としてのカタチが現れるという性質がある。何をどう組み合わせたら発掘できるか、ひたすら仮説検証を重ねてみる。多くの資金を費やしても見つからなければ、ダメージが大きくゲームオーバーになるかもしれない。

 

私は、そんな宝探しの冒険を18歳ぐらいからかれこれ25年ぐらい続けている。この10年間に、西粟倉村で2つのチームを立ち上げた。主に森から宝物を発見する「株式会社西粟倉・森の学校」。そして、森の学校のような"宝探しのチーム"をさらに生み出していくために2015年に立ち上げた「エーゼロ株式会社」。掘れば掘るほど地域の宝物は相互に関係し合い、新しい宝物が発掘される。

 

地域で宝探しの冒険を続けるということは、人間や生き物たちの可能性を探し出すチャレンジを積み重ねることであり、それは新しい価値創造のプロセスを発見し構築することにつながる。

一つの価値を創造するとき、付帯して価値のないものが発生する。しかし、それは他の価値創造のプロセスにおいては資源となる。森の学校で発生する木屑が、うなぎの養殖槽を加温する燃料となるように。同時多発的なエーゼロの事業も、一見ばらばらのようで、根底ではつながり合い、循環している。

可能性を探し出すことで、新たな価値創造のプロセスが生まれて、それらが連鎖し、本来の価値が見い出され、引き出されていく。この積み重ねが地域の経済循環を生み出していくことになる。

 

地域は限られた空間なのに、多様な人間と生き物たちの相互関係の総体として捉えると、無限の広がりがある。だから地域での宝探しは、果てしない冒険となる。私たちは仲間を増やしながら、この果てしない冒険を続けていきたい。

代表である牧大介氏とは、結構たまたま出会ったんですが、考えてることの深さと実行の本質さをただただ尊敬しています。

 

なんか自分のところの代表褒めすぎるのもあれですが・・・

Facebookもおもしろいので追ってみてください。

「西粟倉・森の学校」「エーゼロ」代表"牧大介"の発言をまとめてみた。

 

 

 

what

f:id:Manga_Maestro:20171120194903p:plain

そんな僕らは、「地域経済を醸す」ことをミッションとしています。

 

「地域経済を醸す」ということがどういうことは実行していくことでだんだん明確になっていくとは思いますが、今は「エーゼロ」という名にちなんだ活動だと定義しています。

 

エーゼロ(A0層)というのは、森林生態学の用語で、森の土の表面にある腐葉土層のことをいいます。

 

右がエーゼロ層(とその仲間たちがいるところ)

www.youtube.com

 

A0層が豊かであれば、右のように落ち葉がしっかり分解され、醗酵され、土壌がしっかりと生き、その結果、新しい芽が生まれたり、川が守られたりする。

A0層があるからこそ、森の物質循環が維持されることと同じように、僕たちは日本の地域において、人や自然の本来の価値を引き出し、地域経済の循環を下支えしていきたいと思っています。

 

 

 

how

では、具体的にそれをどうやった実現していくのか?

そこで、僕らエーゼロは4つの事業部でそれを実現していきます。

 

ローカルインキュベーション事業部

f:id:Manga_Maestro:20171120201137j:plain

ローカルインキュベーション事業部 — 地域経済を醸す - エーゼロ株式会社

 

ローカルインキュベーション事業部は、地域の中で1人1人の、その人らしい本来の価値を見つけ、引き出すことを目指して事業を行っています。

例えば、あるの人にとってはその辺にある草は「雑草」ですが、草木に詳しい人から見たらそれは、「ハコベ」や「トウダイグサ」と1つひとつに名前と役割があります。これは、地域における人も同じだと考えています。1人ひとりにきちんと名前があり、できることがあり、やりたいことがある。それらの「その人らしさ」を可視化する。そして「その人らしさ」を大切に暖め、発揮(孵化)できるようにしていきたい、そういう思いで事業を行っています。

具体的には、ローカルベンチャー支援や創発コンサルなどを行っています。

僕はメインとしてここをやってます。

 

 

ローカルベンチャー支援の目指しているところはこちら

ベンチャー起業家が想いのまま突っ走ったら地域が良くなる仕組みを創りたい

 

 

 

地域共創プロモーション事業部

f:id:Manga_Maestro:20171120201207j:plain

地域共創プロモーション事業部 — 地域経済を醸す - エーゼロ株式会社

 

急速に人口が減少していく日本社会のなかで、どのように地域の未来を明るく、そして幸せに拡げていくことができるのでしょうか。地域共創プロモーション事業部は、持続可能な地域づくりを目指して、地域とともに共創し魅力を発信するために、2つの事業を展開しています。

一つ目は、地域を大切に想う人を増やしていくために、関係人口の創出と拡大を目指しふるさと納税を活用をサポートする事業。二つ目は、インキュベーション型地域商社の設立と運用を行っています。

 

 

 

自然資本事業部

f:id:Manga_Maestro:20171120201236p:plain

自然資本事業部 — 地域経済を醸す - エーゼロ株式会社

 

森林、山、土壌、海、川、大気、そして人も含めた多様な生きものたち。私たちは、これらの自然からワクワクするような多様な価値を生み出していきます。地域の自然と、自然に関わるさまざまな人達をつなげ、生態系の大事な要素である「有機物、水、栄養分」に加えて地域経済を循環させる事で、持続可能で豊かな未来をつくりたいと考えています。

西粟倉村は、「百年の森林(もり)構想」を掲げた林業の村です。自然資本事業部は、木材加工場で出る端材をうなぎの養殖場のボイラーで活用したり、うなぎの養殖場で生まれる栄養たっぷりの泥で果物や花を育てたりすることで、林業、水産業、農業をつなげて地域経済を豊かにする試みに取り組んでいます。日本の身近な自然を見直し、現在の技術とビジネスの手法を用いる事で未来の里山モデルを創っていきます。

 

 

 

つながる風景つくる事業部

f:id:Manga_Maestro:20171120201305j:plain

つながる風景つくる事業部 — 地域経済を醸す - エーゼロ株式会社

 

つながる風景つくる事業部は、だれもが安心して快適に暮らせる「住まい」を作ることで、暮らしと地域、そして未来とつながる、住まいと人がにぎわう新しい「風景」を創造します。

林業が基盤産業である岡山県西粟倉村が2008年に掲げた「百年の森林(もり)構想」。これまで西粟倉村はこの構想を具現化する林業の6次産業化を進め、地域に新しい事業を興し、移住者を増やしてきました。つながる風景つくる事業部は、この移住者たちの暮らしを支えるための「住まい」をつくる建築事業と「住まいの集まる場」をつくる不動産事業を展開します。

西粟倉村からスタートした取り組みは、「地域再生のロールモデル」として滋賀県高島市をはじめとした他の地域でも展開をはじめています。

 

 

 

 

もちろん、これらの事業が「地域経済を醸す」ことの全てではないですが、まずはこれらからしっかりと形にして実現してきます。

その実現の過程で、もっともっといろんなhowが生まれたらうれしいですね。

ちなみに僕の好きな言葉の一つに「howは無限!」というのがあります。いいですよねこれ。

 

 

 

おわりに

僕が取締役になったばかりの頃は、このくらいしか決まってなかったんですが、それがどんどん具体的になってきて正直今めっちゃ楽しいです!

 

そんな僕らの冒険は始まったばかりです。

一緒にやりたい方お気軽にご連絡くださいね!

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

 

目次:きりくちぶろぐの目次

 

よく読まれている記事:

【2017年】今まで買ってよかったモノ・サービス20選【9.29更新】

【2017年】今まで買ってよかった本46選【10.9更新】

【2017年】今まで読んで感動した漫画本37選【8.10更新】

弁護士を辞めました。

株式会社アカツキを退職しました。

「モテる」というきりくちで

地方で生きるというきりくちで

「弁護士」の枠外というきりくちで

凄い人と優秀な人の違い

弁護士が選ぶ今年読むべきオススメ漫画100選

 

最強のメモアプリは間違いなくCaptio一択!神アプリのオススメ

手書きが好きである。

自分の思ったままが、自分の思ったままのスピードでそこに表現されていく様はそれだけを持って心地良い。

 

そんな僕だけど、散歩中や会議の合間の移動中の不意なアイディア、はたまた急に誰かに何かを言われて覚えておくことが求められるようなものが出たときにノートを取り出してメモをすることは難しかったりする。

 

じゃあそれを頭のなかに記憶しておくのかと言われると、

「そんなこと覚えてられるか!」

である。僕は自分の記憶力をそんなに過信していない。普通にすぐ忘れる。

それに忘れたほうが集中できるからむしろ忘れたい。

 

 

 

そんな状態を完璧に解決できる。そう、iPhoneならね。

 

 

・・・iPhoneに、「Captio」というアプリがある。 

Captio - ワンタッチで自分にお知らせメールを送ろうを App Store で

 

これは、書いてある通り、「ワンタッチで自分にメールが送れる」アプリである。

もっと言えば、最速で自分にメールが送れるアプリである。

 

まあとりあえず、この動画でも見てくれ。

youtu.be

 

ちなみにこういう動画のとり方は下記

iPhoneの画面を録画する方法 新機能『画面収録』の使い方【iOS11.0対応】

 

 

アプリを起動して、自分にメールを送るまで実に4秒!

これ以上早いメモのとり方を僕は知らない。

Google KeepもFast Everもどうしても起動に時間がかかる。

ローカルでの保管はどうしてもどこかで管理に無駄が出る。

メールをTODOリストとしても利用することで、受信ボックスにくるこれらのメモを処理しないと気持ち悪いくちゃんと適切なところ(ブログやFB、はたらたPJT管理ツール、Slackへの告知)に処理もされる。

 

これはどう考えても最強。神アプリ。

ホントおすすめ。

騙されたと思って是非使ってみて。

ストレスが0なので、一日に何度もメモすることが自然になるし、忘れることもなくなるので。

 

ちぎっては投げ、ちぎっては投げの感覚のメモアプリ。

 

ほんとにいい。

おあとがよろしいようで。

 

 

 

目次:きりくちぶろぐの目次

 

よく読まれている記事:

【2017年】今まで買ってよかったモノ・サービス20選【9.29更新】

【2017年】今まで買ってよかった本46選【10.9更新】

【2017年】今まで読んで感動した漫画本37選【8.10更新】

弁護士を辞めました。

株式会社アカツキを退職しました。

「モテる」というきりくちで

地方で生きるというきりくちで

「弁護士」の枠外というきりくちで

凄い人と優秀な人の違い

弁護士が選ぶ今年読むべきオススメ漫画100選

ブログを書くモチベーションの変化 -行動と思考のバランス

think

 

どうも、やまだです。

みなさまこんにちは。

 

 

今回はなんというか、完全に雑念投稿となります。

ご容赦くださいませ。

 

あ、ただ、一応テーマもあって、「行動と思考のバランス」です。

 

 

 

なんでこんなんを書こうかと思ったかと言うとですね、

 

ブログ書きたくない・・・

 

って初めてなってきたからなんですよね。

 


んで、それがなんでなんだろ?

とちょっと振り返りながら考えてみたいなっということで。

 

 


そもそも、この"きりくちぶろぐ"も思いつきで始めたんですが、昔は書きたいことがめちゃくちゃありました。

それは、日々仕事やなんらかのPJTがあって、そこでの違和感や言いたくても言えないことがめちゃくちゃあったから、それを自分の中に沈殿させ濁らせ拗らせ、でもって昇華したい気持ちに溢れ、それがブログという蛇口から湧き出てきたという感じです。


1つ記事を書くということは、自分の中の汚れや腐敗している何かを良きものに変化させるという行動になっていたわけです。

 


そんで、現在ですが、2つの変化が生じました。

 


ブログを書くこと自体が目的化してきた

 

「読んでます!」とか「おもしろいです!」とか言ってもらえて、

 

(お、おうふ///)「ありがとうございます!」

 

みたいになって、そういう承認が気持ちよくて、より誰かにそう言ってもらうためにブログを書く、みたいな。

 

これはねー、無意識だったんですけど若干ありますねw

Facebookのいいね数気にしたり、PV気にしたりはこのあたりに起因しているのでしょう。

 

これを続けると、なんかほんと気持ち悪いんですよ。

やりたくてやってたことが、それで報酬を得ることで、報酬が得られなくなったら辞めるという謎のロジック。

この気持ち悪さは早々に解決したい。


余談ですが、これ、子供の教育とかでも本当に気をつけようと思いました。子供が好きで始めたことにお金を渡したりすると、こんなことになりそうでまじ注意したいですね。

 

 

 


行動を行動で発散するということが可能になった

今までは行動における矛盾や言いたくても言えないことをブログにしていたのですが、最近はそういうことはそのまま行動を変化させることで解消させてたりします。


たとえば、「若者たちの活気がない」とかほざいている人たちがいて、その人達が「あーでもない、こーでもない」って無駄な議論をしているうちに、さくっと大人げない大人の運動会開いたりしてみる。

f:id:Manga_Maestro:20161125153538j:plain

 

 

他にも「空き家どうにかすべきだよね」みたいな議論が出て何も動いてないから、とりあえず古いアパートを自分たちでリフォームし始めたりしている。

 

※まだ破壊段階だけどw

f:id:Manga_Maestro:20161125155242j:plain

 

 

これらによって、自分の中の淀みとか濁りってやつはある程度解消されている。

 

そんな変化が生じたことで、今ブログの位置付けが相対的に下がってきましたね。

とはいえ、何気120本ほど記事書いてて、自分で読み返しておもしろいと思える記事も書けてたりするので(ごめん、自己満w)、今後もゆるやかに続けていけたらなっとは思っています。

(もしくは、行動レポートみたいな記事が増えるかも)

 


そんな感じで今後も更新してくので、これからもよろしくお願いします。

 

 

あっと、おあとがよろしいようで。

 

 

目次:きりくちぶろぐの目次

 

 

よく読まれている記事:

【2017年】今まで買ってよかったモノ・サービス20選【9.29更新】

【2017年】今まで買ってよかった本46選【10.9更新】

【2017年】今まで読んで感動した漫画本37選【8.10更新】

弁護士を辞めました。

株式会社アカツキを退職しました。

「モテる」というきりくちで

地方で生きるというきりくちで

「弁護士」の枠外というきりくちで

凄い人と優秀な人の違い

弁護士が選ぶ今年読むべきオススメ漫画100選