読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりくちぶろぐ

好きなきりくち(切り口)から、漫画、映画、本、思想、事柄を語ったり、やってみたり

無自覚に批判反論をしてしまっている人のたった1つの特徴

考え

Worried!

 

ブログなんかを書いていると、オープンにもクローズドにも色んな意見をもらう。

中には

 

「おお、その観点はなかった!」

「まじか!考え進むわー!!!」

 

みたいな、めちゃくちゃクリエイティブな意見をもらうこともあって、これこそがブログの醍醐味だなーと感じることもしばしばである。

 

 

一方で、

 

「ん?」

 

という意見もある。

 

いや、率直に言って

 

「は?喧嘩売ってんの?」

 

という意見もある。

特に直接よく知らない人や、匿名性の高い人にそういう傾向がある。

関連記事:「炎上でへこむなんてばかなの?」そう思ってましたよ。

 

 

 

これなんでなんだろうなーと。

で、そういったコメントやメッセージをつぶさに観察・分析していたら(心を痛めながら)、どうもこの人達は反射的に反論しているフシがあるということに気づきました。

 

ブログ「ぼく、〜〜って思うんですよね!」

ある人「いや、〜〜ではない。」

 

と。

 

いやいや、ちょっと待って?

いんですよ、違う意見は。

それがあるおかげで、より高いところで融合できるかもしれないんだから。

むしろ、違う意見こそありがたい。

 

でもさ?

反射的に反論してきた人の意見を、そういうものとして捉えられる?

 

いやより正確に言うと、反射の反論は自分がブログで書いた以上の情報が付加されていない。だってただの反射だもんね。その人自身を通っていない。

 

 

ブログ→ ←反射的反論

 

こんな感じ。

だけど、「この人すごいなー」という意見を発している人は

 

ブログ → 自分の中で咀嚼 → 意見を追加

 

なので、少し、進む。

ブログの意見に価値が付与される。

ブログを書いた側も、汲み取ってもらったみたいで気持ちいい。

ぜんぜん違う意見だったとしても

「ふむふむ」

と耳を傾ける。

 

そう!汲み取る!!

 

 

これがポイント。

ブログを読んで

「んー自分の感覚とは違うなー」

と思ったときに、

 

「それは違う!」

 

と言っちゃうか、

 

(一旦このブログが全部正しいとしたとして、自分ならこんなCASEの場合どうするかなー?結論一緒かな?違うかな?)

 

 

と考えるかの違い。

これは全肯定しろということではなくて、味付けすることなく一回自分の中に入れてから考えようよ?

という提案ですね。

 

反射的反論をしている人の中には自分としては全く反論もしていないし、ましてや批判なんてかけらもつもりはないと感じている人もいるんだけど、割りと上記のように反射的にリアクションしていると、相手に

「うわあ、あいつに批判された・・・」

と捉えられていることも多いよ?

 

もったいなくない?

どうせなら何かが生まれるような意見を出さない?

嫌われるよりさ。

 

なんか結果として、反射的反論をしている人が、成長しない人とイコールになってしまった。

関連記事:成長したいのにできていない人が、やっていないたった1つのこと

 

 

が、まあそういうものなのかもしれない。

 

ということで、おあとがよろしいようで。

 

目次:きりくちぶろぐの目次

 

関連記事:

地方出身者って、東京に逃げてきてない?

友情の投資対効果(ROI)

成長成長うるせーよ?

 

よく読まれている記事:

「モテる」というきりくちで

地方で生きるというきりくちで

凄い人と優秀な人の違い

弁護士が選ぶ今年読むべきオススメ漫画100選

全てはくだらないことから始まる

 

 

LINE MOBILEにしたら月額利用料が7300円も下がったお話。

行動

f:id:Manga_Maestro:20170303061147p:plain

(「LINE MOBILE」より)

 

 

最近ようやっと端末固定の呪縛が解けたし、やたらと下記のような広告を見ることから、ちょっと気になって「LINE MOBILE」に変更してみた。

 

 

 

うん、いいね。

以下、特徴をいくつか。

 

 

1 LINE+主要SNSが使い放題

「LINE MOBILE」の特徴はほぼこれに尽きると言ってもいい。

 

LINE、Facebook、Instagram、Twitterが、使い放題。

つまり、速度制限を気にすることなくこれらのサービスを使うことが出来る。

 

「携帯電話なんてほぼこれらのために使ってるわよ私」

 

みたいな方は、確実に「LINE MOBILE」にしたほうがいい。

 

具体的には、下記のサービスが利用無制限である。

f:id:Manga_Maestro:20170303062830p:plain

(「LINE MOBILE」より)

 

 

2 超低額プラン

上記に付随してなのだけれど、通信料3GBのプランがある。

 

僕みたいに、自宅にWifiあり、会社にWifiあり、作業もWifiありcafe、移動は車の生活をしている人間にとっては正直通信料は3GBがで十分。

※使ってたのはPokemonGoくらいだった。

 

移動が電車の方も大丈夫なんじゃないかな?

もちろん使い方によってだけど。

携帯の利用はほぼLINE+SNS+Web見るくらいの人は3GBを検討してみてはいかがでしょうか。

 

(3Gだとこのくらいできるという参考)

f:id:Manga_Maestro:20170303063522p:plain

 

 

 

3 docomo回線利用

いや、これ都会の人はあんまり関係ないかもしれないんですが、田舎だとどのキャリアの回線かってめっちゃ大事。

 

ちょっと思い出してみて?

 

昔、

「あ、うちはdocomoなら入るけど、auは無理なんよー!」

って言ってた頃を。

 

まだまだ辺境の地は、回線重要。

ということで何気これは助かりました。

 

 

 

ざっと大体以上ですが、、

これで、僕の場合は

 

3GB+音声のコミュニケーションプラン

=月額1690円

 

になりました。

 

今まで、月額9000円くらいだったので、

 

およそ7300円の減額

 

 

 

うむ、年間で約90,000円の節約か。。

 

悪くない。

(というか元々が高すぎですよねこれ・・・)

 

 

 

 

「格安SIMへの移行方法がわからない!」

 

という声も聞きますが、

 

①データ移行の準備

②キャリアにMNPしたい旨を伝える

③LINE MOBILEと契約

 

とめちゃくちゃ簡単なので、年間90,000円くらい得したいなら是非とも休みの日にでも挑戦してみてください。

 

 

よーし、浮いたお金でなんか買おっ!

(ダメなパターンw

 

 

と、おあとがよろしいようで。

 

<追記17-03-14>

夏から通話定額も始まるみたいね!

お得だとおもうんだけどなー。

LINEモバイル 通話定額開始へ | 2017/3/14(火) 21:04 - Yahoo!ニュース

 

 

 

 

目次:きりくちぶろぐの目次

  

よく読まれている記事:

「モテる」というきりくちで

地方で生きるというきりくちで

凄い人と優秀な人の違い

弁護士が選ぶ今年読むべきオススメ漫画100選

全てはくだらないことから始まる

ベンチャーが弁護士を採用する3つのメリット -弁護士採用のススメ

考え 行動

 

Will #293 alternate shot

 

 

前回

弁護士がベンチャーに入る3つのメリット -ベンチャー企業内弁護士のススメ

を書いたんですが、

 

「じゃー、ベンチャーは弁護士を採用した方がいいの?」

 

という声が企業さん側から上がりそうだったので先にまとめてみる。

 

 

1 根性がある

弁護士、根性ありますよ?

制度が変わったとはいえ、いまだ日本で一番合格が難しいと言われている試験の合格者なので、自分を律してそこに向かうだけの根性はあります。

関連記事:司法試験合格の5つのメリット

 

とは言え、合格でよくわからない自信みたいなものを持っている人も多いので、そういう人は面接でギタギタにしてあげてください。

彼ら、根は純粋なんです。

 

 

 

2 士業へのネットワークがある

これ以外と隠れたメリットなんですが、彼らは多くの士業と知り合いです。仕事柄会ったり、昔の同級生だったりと出会いは様々ですが。

「弁護士に任せとけばなんとかなるっしょ!」

みたいに思われることも多いんですが、司法書士さんや、行政書士さんや、社労士さんや、税理士さんに頼んだほうがいいこともめっちゃあります。

 

そして巷には、資格を取ったということだけで雑に仕事をしている士業の方もいっぱいいて、そういういわゆる「ハズレ」の士業の人を信じちゃうと制度設計からぐちゃぐちゃでそれを直すという完全に事業とは関係ないエネルギーを費やすことになります。

 

そこでちゃんとしたいわゆる「アタリ」の士業の方を見つけて関係値を作れるのは、弁護士採用のメリットです。

 

 

 

3 弁護士は優しい

弁護士は優しいですよ?

元々自分が苦労してまで誰かを助けたいと思っている人たちですので、性根の部分はものすごくいいやつです。それがちょっと勉強中拗らせちゃうだけなんですよ。

優しいということは、センスがあるということです。

センスがあるということは、何か弁護士以外の分野でも活躍する可能性があるってことです。ちゃんといい感じにプライドを折ってやるとメキメキ伸びます。

そういう期待をしてもいい存在が弁護士です。

 

 

 

 

総括して

どうですかこの、弁護士の専門家としての能力を期待していない感じw

ただもったいないなーってよく感じるんですよね、高専生とか弁護士とか自分の本来のポテンシャルに蓋をして、なんかそう生きなきゃいけないと目をつぶって走っている感じが。卒業校とか資格に縛られているあの感じが。

 

そういうところから救ってあげて、かつ、会社にも貢献するようになっていってくれるとすげーうれしい、ということで採用側にもアピールをねw

 

 

そんな感じで、おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

目次:きりくちぶろぐの目次

 

関連記事:

弁護士がベンチャーに入る3つのメリット

弁護士は10年後にはなくなってる職業だと思う

弁護士ドットコムは法律相談を消滅させる画期的ビジネスモデルだった

「弁護士になって就職できないとか給料安いとかってバカなの?」と思ってましたよ

 

よく読まれている記事:

「モテる」というきりくちで

地方で生きるというきりくちで

凄い人と優秀な人の違い

弁護士が選ぶ今年読むべきオススメ漫画100選

全てはくだらないことから始まる

弁護士がベンチャーに入る3つのメリット -ベンチャー企業内弁護士のススメ

考え 行動

 

Suit

 

何度言っても万引きを繰り返すおじいさん・・

 

詐欺まがいのビジネスを行う若人・・・

 

自分の非を認めず相手を一方的に責める女の人・・・・

 

 

 

 

あれ?
俺こんな人たちを助けるために弁護士になったんだっけ?

 

 


そう思ったあなた!

ベンチャーの企業内弁護士になってみるのはいかがでしょうか?

 


1 おごりに気付く

まずね、弁護士だからって別にそれだけで能力高いわけでもなんでもないからね。

 

「俺、他のことでもなんでもできるぜ!」

 

といって他の世界行ってもできないからね。

(もちろん行ってぐちゃぐちゃにされるのもいい人生ですが)

 

 

だったらせっかく身につけた能力をうまく使えばいい。

企業内弁護士を雇うようなベンチャーの社長・メンバーなんてまじで優秀だから。

 

自分が優秀とか凄いと思っていたのが勘違いだったとよく分かるよ。

関連記事:凄い人と優秀な人の違い

 

 

半端なく高い視座からの誰かの行動は、それを見るだけで本を100冊読む以上の価値があるから。僕なんて出来すぎる上長の物の見方、振る舞い方を真似しているだけで今でもなんとかやれているし。

 


2 出来ることの幅が広がる

弁護士で、かつ法務周りとして採用されたからといって、それだけやるわけじゃない。

ベンチャーはよくも悪くもぐちゃぐちゃだ。

 

もちろんいきなり「イラスト書いて!」とかまであるわけではないけど、「ちょっとこれやってみてくれない?」からはるか遠くに行くこともある。

 

僕もまさか自分がIPOみたいなものに関わることになるとは思ってもみなかったですよ。他にも採用イベントに出させてもらったり、おもしろい遊びやらせてもらったりと、

 

「ああ、俺こんなこともできるんだ」

 

「こういうのをおもしろいと感じるんだ」

 

というたくさんの発見をいただけました。

 

関連記事:自分のこと怠惰だなって思っている人は、意識高い人なのかもしれない

 

 


3 世の中の見え方が変わる

弁護士というのは、世の中をネガティブに見ることになりがちな職業です。

一方で、ベンチャーは「こういう世の中だったらいいな」からスタートしているため、世の中をポジティブに見ている人が多い。

 

世の中をポジティブに見ると、何がいいって、楽なんですよね。

 

夜中心配で「はっ!!!」と目がさめることもないし、今日もいい一日だったなと眠りにつける。

 

弁護士でもそういう風に出来ている人もいるのかもしれないけど、それは不感症かめちゃくちゃ強靭な精神の持ち主かのどっちかだと思う。
僕はそのどちらでもなかったので、日々世の中の色が褪せてきているのを感じてましたね。

 

 


と、色々いったけど

僕がたまたまめちゃくちゃいいベンチャーに入れただけというポジショントークの可能性は多分にあるw

関連記事:株式会社アカツキを退職しました 

 

それと、こういう風に書いてるけど、(いやこういう風に書いているからこそかな)最初に書いたような方々に出会っても諦めずに、法曹界を支えてくださっている先生方をめちゃくちゃ尊敬しているんですけどね。

 

まー、「弁護士稼げねー!辞めてー!」とか、「あれ?弁護士ってなくなるんじゃね?」みたいに思って現状に文句ばっかり言っているくらいだったら、さくっとベンチャーに入ってみるのもありかもです。

 

弁護士って資格に過ぎなくて、別に生き方でもなんでもないので、うまく使って自分の納得感のある人生を選んでもらえたら望外の喜びですよ。

なんだかんだ先人のおかげで未だ有効な資格だしね!

 

 


おあとがよろしいようで。

 

 

 

目次:

きりくちぶろぐの目次

 

関連記事:

「弁護士になって就職できないとか給料安いとかってバカなの?」と思ってましたよ。 

司法試験合格の5つのメリット

将来残る、弁護士のキャリア10選

高専生から弁護士になる方法

 

よく読まれている記事:

「モテる」というきりくちで

地方で生きるというきりくちで

凄い人と優秀な人の違い

弁護士が選ぶ今年読むべきオススメ漫画100選

全てはくだらないことから始まる

弱い人は地方に来ちゃいけないの?

考え 行動

local landscape

地方に帰ってきて、約半年。

 

不意に思いついて帰ったわりに非常に楽しくやらせてもらっている。

 

関連記事:地方で生きるというきりくちで

 

 

 

この期間の間に、本当に色んな方とお会い出来た。

お会いした方々は、本当に格好良くて、魅力的で、凄い。

単純にイケてると言っていい。

 

関連記事:凄い人と優秀な人の違い

 

 

地方の未来は明るい!

 

 

そう思うことにかけらも吝かではない。

うんうん。。

 

 

 

 

 

 

・・・・ただちょっと待って?

 

 

いや、確かにみんな魅力的だけどさ。

 

すごく端的にいうと、

 

東京のベンチャーっぽい

 

んよね。

(違うのは服装がスポーツブランドなことくらいだ)


この人達はきっと、地方とか田舎というフィールドじゃなくても成功したんだと思う。

 

うん、これはこれで素晴らしい。

どこでも成功できた人が、「地方でやる」と決めてフルコミットして、課題解決しているのは中々の気持ちよさだ。

 

 

 

一方で、こんな人達だけしか地方は受け入れてくれないんですかね?

 

地方とか田舎の懐ってそんなもん?

 

そしたら俺みたいな強く居続けられない、いわゆる「弱い人」はどこにいけばいいの?

 

 


いやそりゃさ、「強い人」であろうとしたこともあるよ?

でもさ、ごりっごりの肉食獣たちの中で僕が出来たのなんて、それらしく振る舞うことだけですよ。違うんですよね、生粋のライオンたちは。

 

言うなれば、彼らはサバンナが居心地いいんですよ。仲間も多いし、美味しい食べ物もあるし。
(そういえば尊敬してやまない上長がよくライオンのTシャツ着てたなー)

 

でも僕みたいに「弱い人」は、単純にサバンナが居心地が悪い。

多分「弱い人」はシマウマとかインパラとかではなく、オオサンショウウオとかなんだと思う。

シマウマとかインパラの人はきっと、それはそれでサバンナ居心地いいんじゃないだろうか。

 

オオサンショウウオは、ライオンと一緒に盛り上がってても、なんか違うんだよなーって気持ちが拭えない。

「お、おう。そうだよな。はは。」

くらいのテンションの違い。 

 

 

じゃあ、オオサンショウウオどこにいけばいいの?

そりゃ、キレイな水辺でしょ。

 

 

それが地方とか田舎なんじゃないの?

同じようにサバンナで生きたいなら、東京とかのベンチャーでもよくない?

 


地方は地方の戦い方があってもいいんじゃない?

東京では「弱い人」として扱われていた人が、知恵と工夫で活躍できたりするのが地方のいいところではないの?

 

そんな風土や文化や雰囲気を醸成するのが地方で生きる人たちがやることじゃないの?

キレイな水辺をサバンナに変えてる場合じゃないよ?

 

 


地方は、よく「強い人」を欲しがる。

上記でいうサバンナを生き抜いてきた人だ。

それも結構だ。

だけど、当然のことながらその人達は水辺よりもサバンナのほうが生きやすいから東京とかの都会を好む。中々マッチングは難しい。

 


じゃあちょっと発想を変えて「弱い人」を活かす方向はどうなん?

 

実現したい事業がある → できる人を探そう

 

ではなく、

 

人がいる → この人が一番活きる働き方を作ろう

 

の順番にする。

 

採用で人を選別できない地方だからこそ、そこにいる人の価値最大化が図れる仕組みを作る。理想論なのはわかっているんだけど、これやらず東京の真似事してどうするんだろうね?

 

 

というこのあたりを今後は考えていきたいと思っています。
(このあたりから考え始めればいいよ!ってのを知っている人は是非ともご教授ください。)

 

おあとがよろしいようで。

 

 

目次:

きりくちぶろぐの目次

 

関連記事:

地方出身者って、東京に逃げてきてない?

友情の投資対効果(ROI)

成長成長うるせーよ?

 

よく読まれている記事:

「モテる」というきりくちで

凄い人と優秀な人の違い

弁護士が選ぶ今年読むべきオススメ漫画100選

全てはくだらないことから始まる