読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりくちぶろぐ

好きなきりくち(切り口)から、漫画、映画、本、思想、事柄を語ったり、やってみたり

なぜ稚拙な表現を続けるの? -二段上からだとわからない多くの考え

考え

f:id:Manga_Maestro:20160719011426j:plain

人生にはいろんな段階があって、不思議なことにその段階が2つ上の人からの言葉は刺さらず、1つ上の人からの言葉はめっちゃ刺さる。
 
 
たとえば、今僕は般若心経にハマっている。
般若心経講義

般若心経講義

 

しかしこれ、学生時代に読んだ時には全く響かなかった。

それこそ、
 
いやそんなこと言う前に目標とかさ、ちゃんと定めてさ
 
とか思ってた。
 
 
 
 
他にも「うらおもて人生録」にハマっている。
うらおもて人生録 (新潮文庫)

うらおもて人生録 (新潮文庫)

 

はじめこれを紹介してもらった時は、

いやいや、そんなんじゃなくてクリティカルな考え方とか、視座上げる方法とか教えてよ
って思ってた。
 
 
 
さらに、たまに学生さんの前で話すのだが、あまり刺さらなくなってきた。
昔は、イケイケ起業家志向の人らが、ぐいぐい質問してきて、エネルギー高いなーって思っていたのだけど、最近その人達全く見向きもしてくれないw
(これは、僕の話が面白くなくなったという可能性も0ではない。…0ではない。。
 
これ、タイミング悪いといえばそれまでなんだけど、まーつらい失恋してない人に、どんなに凄い失恋からの立ち直り方法伝授しても響かないというのと一緒かと。
 
 
 
自分の人生の味わいの深さがそのまま、自分が目にするモノ、体験するコトの味わい深さに繋がっている。
だから、同じ本をタイミングを変えて読むのは物凄く意味があるし、いろんな体験をすること自体おもしろく生きるための本質的なコツなんだと思う。
 
と、これは受け手側のお話。
 
 
 
与え手側で考えると、今現在の自分の考えや、表現をその都度発信すること自体にめちゃくちゃ価値がある。
自分よりちょっとだけ上の考えが、自分の考えを引き上げる。 だからこそ、今、この時点の稚拙な考えを発することは絶対に誰かのためになる。
 
 
これは、後で見返すと
 
ぐおおお
 
となることが本当に多い。
 
赤面モノである。
Facebookの「過去を振り返って見ましょう」で何度、言葉に出来ない気持ちを味わったことか。
でも当時本気で書いたことや、描いた表現をそれだけ恥ずかしくなるのこそが、自分の成長そのものだし、まあ受け止めてあげようよ過去の自分もw
 
ということで、
こんなにしょうもないことを発信してもいいのだろうかと思ったら、騙されたと思って一旦発信してみて。
誰も見なくてもいいやん。
恥ずかしくてもええやん。
少なくても数カ月後の自分が
 
ぐおおお
 
ってなるくらいの影響はあるんだから。
 
そんな感じでおあとがよろしいようで。
 
 
 
<目次>
 
 
<関連記事>

 

 

本物と偽物 -偽物という居心地の良い逃げ場

考え

f:id:Manga_Maestro:20160716102509j:plain

何かに一生懸命になっていると、たまに物凄い人に出会う。
 
めちゃくちゃ魅力的で、人を巻き込んで、巻き込まれた人もみんな楽しそうで、その上その人自身もおもっきり楽しそうな感じの。
 
最初は反対していた人たちも
 
「ん?なんだなんだ楽しそうだな…」
 
と仲間に入れてほしそうにこっちをみてきて、あんだけ反対されて邪魔されて来たのにその人達が仲間になるのを一切拒否しない、そんな人がいる。
 
そういう人は割りとどっかの分野で世界的にすごかったりもする。
 
 
もうね、こういう人にあった時の俺の心の状態を感じ取ってほしい。
 
うわああああ
 
である。
より正確に言うと 
 
うわ、こいつは本物だわ。それに比べて俺の偽物感半端ない。
 
である。
 
 
 
はい。ここ。
 
↓ここである
 
それに比べて俺の偽物感が半端ない。
 
これまず、よく考えると意味がわからん。
そもそもそいつが本物だからって、自分が偽物であることの証明にもなんにもなんないはずなのに。
 
また、本物/偽物なんて世の中に存在しない。
言うなれば全部本物で、自分の心だけがその本物/偽物を決めてるだけ。
 
 
 
じゃあ、なんで本物/偽物を勝手に決めてるか当ててやろうか?
なんで自分は偽物だわーって思うか当ててやろうか?
 
それはな、そう思ったほうが楽だからだ。
 
あいつと自分とは違う
 
そう線を引いて区別したほうが、傷つかなくて済むからだ。
 
 
魅力の無い自分、
心の底から楽しめていない自分
 
あーあー、あいつは本物でいいよな。
 
・・・というね。
 
 
実はこれ自分が傷つかないようにするための無意識の防衛本能だから、しゃーないっちゃしゃーないんだけど、よくよく観察すると、本物/偽物とかそんな抽象的な概念ではなく、めちゃくちゃ具体的に自分の中の「許せていない今の考え・行動・自分」があるからだと気付く。
 
これは人によって様々だと思うけど、例えば僕は
 
 
人類の限界に挑んでいるスポーツ選手、研究者、起業家のように、新たな価値を人類に刻まなくて良いのか
 
相手の為になることじゃなくて、相手に自分が気に入られる為に言っている単なるお調子者ではないのか
 
自分が楽しいだけでいいのか、苦しんでいる人に目を向けるべきではないのか
 
 
とか。(あーみるのつら
 
本物/偽物とか言い出した時は、こういう具体的かつ今すぐ答えが出せない「許せていない今の考え・行動・自分」への問いが裏側にある。
 
 
こういう問いを常に発見し、考えなくてもいい。
けど、たまにその問いについて考えてみると、毎回同じ答えだったり、時によっては違う答えを出したりする。そして不思議な事に、考え続けていると、なんとなく自分にしっくり来る答えらしきものが見えてくる。
 
そうすると凄くすっきりするし、自分自身の進歩を実感できる。
 
 
 
なので、
 
あいつは本物で、俺は偽物…
 
とか考えてしまった時には、是非その裏側にある本当の問いの存在に思いを馳せてもらいたい。
 
割と救われるよ。
 
 
 
そんな感じでおあとがよろしいようで。
 
 
 
<目次>
 
<関連記事>

株式会社アカツキを退職しました 。 -なぜあなたは退職しないのか

考え 行動

f:id:Manga_Maestro:20160706201931j:plain

私やまだは、平成28年初夏をもって株式会社アカツキを退職しました。

 
色々思うこともあり退職を決めたので、以下目次に沿って思うことを綴ってみたいと思う。
 
<目次>
◇アカツキ入社の経緯
◇アカツキでやったこと
◇アカツキに感じていること
◇退職の理由
◇今後やりたいこと
◇なぜあなたは退職しないのか
 
 
 

アカツキ入社の経緯

大学時代からの友人創業者に
 
「ちょっと手伝ってよ。」
 
と言われて
 
「お、おう。」
 
と関わらせていただいたのがはじめです。
それがもうそろそろなんだかんだで3年くらい前になりますね。
 
そのあと、アカツキの中の人の魅力にはまり、ちょっとずつコミット具合を増やしていったところで、超絶死ぬほど優秀で、かつ、凄い上長がジョインし、チームを組成することになったので、正式に社員として入社しました。
 
誘っていただいたので、入社できるもんだと悠々と弁護士事務所を辞めたら、
 
「じゃ、来週面接ね」
 
と言われて震えたのはいい思い出です。
なんで地味にニート期間がちょっとだけあるw
 
 
 
 
 
 

アカツキでやったこと

1 法務部諸々立ち上げ

手伝い始めた時期はほんと20人位の人しかいなかったので、法務というか、
 
経理/財務/労務/総務/法務
 
みたいなのを1人の男の子がやってました。
これはこれで相当すごい
 
ただ、
 
「・・・さすがにこれはやばいな」
 
ってことで、契約書締結の体制構築や、社内規程・制度構築、新規になにかやる際の法的レビュー体制構築などを行いました。
 
まーなんか凄そうに書いてますが、やってるのは
 
「あーこれ、ちゃんとしとかないとこわいな」
 
とか
 
「これだと普通に◯◯さん困るだろうな」
 
とかいうものをちゃんと作っていっただけです。
制度でガチガチってのではなくて、アカツキのスピード感を犠牲にしない中で、リスクを最小限に近づけていく。
「ベンチャーで法務」ということの面白さそのものだったと思います。
 
--
あとこっからちょっと余談なんですが、ベンチャーの経営者の方々は1年目弁護士を採用した方がいいと思う。新卒+α程度の給与水準でいいので。
正直弁護士の1年目の仕事は、かなりの激務で、ほとんどの司法修習生はそれを覚悟している。
そのため、経営者側視点でみると、覚悟ある人多いし、仕事も新卒に比べて流石にしっかりやる。一方で、弁護士1年生視点でも、このタイミングでのベンチャー経験はどんな弁護士になるにせよメリットしかない。
いっかいここのマッチングは真剣に考えてみるべきだ。
--
 
 
 
 
 

2 IPO担当

アカツキも大きくなり、当初の5〜10倍と人数を増やし、売上を増やしていった中で、IPO(上場)の準備を始めました。
 
企業の中にいて、管理部で働いていると
 
IPO準備
 
というのは、一番の花型です。
 
 
 
・・・なんか凄そう
 
と僕も思ってました。
実際、「会社が上場する」ということは凄いことだと思います。
それこそIPOをゴールに設定して頑張る人も多くいるだろうし。
 
ただ、実際に行う業務は書類の作成と、関係各所との調整にとどまります。
いわゆるクリエイティブなことは何もなく、やらなければならないことを粛々としっかりやりきる。
そして環境的にかなりの無理難題を突きつけられたとしても、決して折れることなくあらゆる手段を使ってやりきる。
そういうお仕事でした。
 
 
たーだ、もうなんというか本当につらい!
何がつらいかの言語化もできないくらいつらい。
もうつらすぎて、つらいってなにかよくわかんなくなってたw
 
そんなつらさを救ってくれたのは、アカツキのみんなでした。
ちょっとくさくて申し訳ないのだが、本当なんだからしょうがない。
 
ぼろぼろの僕らを気遣ってくれたり、
業績をガンガン上げてくれたり、
素敵な人たちを採用してくれたり、
新規事業で夢を見せてくれたり、
ユーザーさんとの温かいコミュニケーションを魅せてくれたり…etc
 
 
一般にIPOは、管理部が凄いみたいな空気感があるんですが、
 
僕らがやったことなんて、みんなが一生懸命つくったありのままの素晴らしいモノを外の人たちに見せた
 
ただそれだけなんですよね。
 
自分たちがやった業務を卑下するわけではなく、むしろ誇らしくそう思ってます。
 
そんなこんなで、無事アカツキは上場することができました。
 
 
 

3 遊び

アカツキの仕事は大きく上記の2つでしたが、それ以外に、アカツキでは
 
 
怠惰な意識高い系
 
やりたい人の背中を押し合う会
 
くだらないハッカソン
 
 
という遊びをやりました。
これらは、朝友達とたまたま話してて、
 
「お、それおもしろそうじゃん!やってみよー」
 
で始まった企画で、それこそもうすげー楽しかったですね!
怠惰な意識高い系の方なんて、途中から拡散が止まらず、興味ある人が300人とかなってましたね。
そのうちスタンプとか出るので自分が怠惰な意識高い系だと思う方は是非使ってくださいw
 
これらは僕が辞めてからも続くといいなーって思ってます。
(今後も参加していきたい(´・ω・`)
 
 
 
 

アカツキに感じていること

アカツキっていう会社について話すというのは、そこにいる人に対して話すってことと同義だと思っています。
なので、「アカツキっぽい」人たちの特徴を書きたいな、と。
 
 

1 人が良すぎる

アカツキの人は、人が良すぎます。
 
たとえば、仕事でどんなに雑にコミュニケーションをとってしまっても、一旦肯定的に受け取ってくれます。
 
「あの人は、そんなにひどいこと言うはずがないから、きっとこういう意図でいってるんだろう。伝え方をミスっているだけだ。」
 
とかなります。
これ、中にいると気づきにくいんですが、外の人と仕事をすると一発でわかります。
アカツキで普通にやっている態度を外でやるとうまくいかない、もう本当にうまくいかない。。。
ちょっとした言い間違いや、急いでいる時の態度でどんどんネガティブに捉えられ、気付いた頃には修復不可能な状態になる。
 
なので、外の人と仕事をするときは普段の何倍も気を使い、最悪の伝わり方をする可能性を考慮しながら仕事を進める必要が生じる。
これは、本当にめんどくさい。
このコミュニケーションコストがないだけで、アカツキでの仕事はめちゃくちゃ楽であり、それゆえに本質的な仕事に集中できる。
 
このチームであれば、中にエネルギーを使うことなく、全員で同じ目的のために全力を使える。それはとても幸せなこと。
 
 

2 ロジカルすぎる

アカツキの人は、ロジカルすぎます。
 
普段人が良すぎるため忘れがちなのですが、ちょっとでも論理に違和感があるときにはびっくりするくらい突っ込んできます。
 
「それはなぜ?」
 
「どうしてそうなったの?」
 
等々、誤魔化そうとしているときはほぼ100%突っ込まれると思っておいたほうがいいです。
僕は一応弁護士資格を持っているので、他のメンバーからすると専門家だと思うのですが、そういう専門家に対して上記質問をしっかりしてきます。
 
これの効果は明白で、その専門家自身もなぜそのようになっているかわからず、
 
業界の慣行だから 
 
所与の前提としていることにメスを入れられ、できないと思われてたことができたり、全員の誤解が判明したり、超効果的な解決策が見つかったりします。
 
自分よりものを知っている人にびびらず、論理を信じるのはめちゃくちゃ有効なHowだなって思いました。 
 
 

3 青臭すぎる

アカツキの人は、青臭すぎます。
 
深夜仕事が終わって帰ろうとしている時に呼び止められ、「なんだ?」と振り向くと
 
いや、やまださん、働くってなんですかね?
 
とか
 
やまD、向き合った先になにがあるん?
 
とか
 
くにあき、生きる意味ってなんだと思う?
 
とか普通に振ってくるw
 
まじかwwww
 
と、思いつつも
 
「たしかに、なんだろう・・・」
 
となり、結局その議論は夜遅くまで交わされる。
 
超絶急成長のベンチャーには、普通に生きてたらぶつからないような課題が沢山生じる。
既存の考えのままでは決して乗り越えられない課題にぶつかった場合、人はそこから離れるか、考え方をより上位のものに変えるかを迫られるのかもしれない。
 
もしアカツキが青臭すぎなかったら、僕は何度も潰れてた。
アカツキが青臭くて、本当によかった。
 
この青臭いところは、僕がアカツキの一番好きなところかもしれない。
 
 
 

退職の理由

じゃーおまえはなんで辞めるんだ?と。
 
ふむ。
その疑問は当然だと思います。
 
今回僕は、IPOをやりきった時、一度0になろうと思いました。
具体的には、仕事、可愛い女の子と遊ぶこと、お金、情報、居場所等々、全部一度剥がして行きました。
 
そうするとですね、自分の大切なものとして、家族、友人とならんで地元(岡山県津山市)があることに気づきました。
 
 
 
これは正直、、、いやかなり、意外でした。
…結構きらいだったんですよね、地元。
 
閉塞感あるし、なにか新しいことやろうとすると鼻で笑われるし、、、
20歳まで出たくて出たくてたまんなかったです。
 
だから現時点でなんで、「なくしちゃいけない大切な物リスト」に入っているかは正直良くわかってません。
ただ、そう思っちゃった以上、素直にそれに殉じてみるのも一興かなー、とね。
 
まあ正直決まってないこと多すぎて、不安っちゃ不安です。
けど、まーなるようになると決意し、地元に帰るためにアカツキを退職します。
 
 
 
 

今後やりたいこと

ちょっと思いつくこと順不同で書き殴ってみると
 
・ローカルベンチャー創業・支援
・高校生合同文化祭
・本の出版
・大学等の学校で講演
・↑できたら授業
・津山の祭り(ごんご祭り)参加
・団体結成
・津山ツアー
・アプリ開発
・津山出身者(B'z稲葉、オダギリジョー、NARUTO岸本先生)へのコンタクト
・ゲストハウス/シェアハウス
・津山城パーティー
・アカツキ退職者グループ
・アカツキサポートメンバー
・寺子屋
 etc..etc...
 
帰郷すると決めたら、やりたいことが溢れ出てきたのでそれらをまず楽しみにながらやっていきます(´・ω・`)
 
 
 

なぜあなたは退職しないのか

 
なぜあなたは退職しないのか?
 
これに明確な答えがあるのなら退職する必要はないと思います。
だけど、もしその理由が
 
会社が好き
 
だったり、
 
一緒に働くメンバーが好き
 
っていうのだったらもう一回考えてもいいかもしれないですね。
だって、退職したからといって会社やメンバーと縁が切れるわけではないですよ?
 
それは仲いい友だちがいたら高校を卒業しないのか?ってのと一緒です。
いやそりゃ寂しいですし、できることなら卒業したくないって気持ちはものすげーわかります。けど、卒業したら関係がなくなるって思っているのは逆に同級生にめちゃくちゃ失礼じゃないですか?
 
それは、会社でも同じ。
退職したら、会社やそのメンバーと関係がなくなるって考えるのは、会社にもメンバーにも失礼だと思う。
 
えんよ。退職したあとも会社やそのメンバーと仲良くしても。もっと気楽に関わりを持って行っても。
 
部活を途中で辞めて、逃げまわるように生活した学生時代みたいなことを、会社に対してまでせんでえんよ。
 
辞めても好きなんだからそれでえんよ。
 
 
 
・・・とそんな風に僕は思うので、退職っていうのをタブー視せず、もっと気楽にみんなで話そーって言っていきたいですね。はい。
 
 
最後に
「アカツキ」の中の方、
「アカツキ」を介して知り合えた方、
「アカツキ」のおかげでより仲良くなれた方、
それら全ての「アカツキ」の人のおかげで僕の人生は何倍も豊かになりました。
本当にありがとうございました。
そして、退職後も、いや退職後こそより仲良くして下さい。よろしくお願いします。
 
 
そんな感じで、おあとがよろしいようで。
 
 
 
 
<目次> 
 
<関連記事>

凄い人と優秀な人の違い 〜仕事ができるというきりくちで〜

考え

f:id:Manga_Maestro:20160628205122j:plain

よく
 
「あの人は凄い」
 
とか
 
「あいつは優秀だよねー」
 
 
とか言ってるのを耳にする。
そして自分自身も無意識によく言っている。
 
んでもふと
 
凄い人、優秀な人、、、ってなんだ…??
 
となったので考えてみた。
 
もちろん多義的なので、完全に分断することは難しいんだけど、みんなが言っているもの、及び僕が発しているものを抽象化してみると、大枠以下の3つの違いがある。
 
--

1 「動かす」と「こなす」

凄い人は、物事を動かします。
優秀な人は、物事をこなします。
 
何か課題があって、それをうまく処理するのが優秀な人です。
一方で、ふつうの状態で新しく課題を発見する人が凄い人です。
 
イメージとしては、その人がいると仕事が減っていくのが優秀な人で、いると増える人が凄い人。
たとえば、その人が仕事を休むと、なんかのんびりしてんなーって感じになると凄い人の可能性が高いです。
 
そこから凄い人はトラブルメーカーみたいに見られることも多く、若い時に評価されることが少ない。
 
「あいついると仕事増えるんだよね…」
 
というのは主に悪口で言われるのだが、実はこういう風に言われている人は、凄い人なのかもしれない。
だから、思わず自分が言っちゃった時には省みてほしい。
 
もしやこいつ、、、
やはりっ!できる!!
 
みたいになることもあるやもです。
 
 
 
 

2 「自然体」と「ちゃんとしてる」

凄い人は、自然体です。
優秀な人は、ちゃんとしています。
 
外見小奇麗、仕事できそうなアイテム、シュッとしている、高いコミュニケーション能力、爽やかというのは優秀な人が持ってる性質です。
一方で、凄い人はこれらを持っていないことも多く、のんびり屋さんとか、好き嫌いが激しいとか言われることもあります。
 
なので、ビジネス社会では優秀な人のほうが目に止まりやすい。
まーあと簡単に言うと女の子に初見でモテるのは優秀な人ですね。
 
 
 

3 「はまってる」と「頑張ってる」

凄い人は、はまっている。
優秀な人は、頑張っている。
 
自分で目標を設定し、その目標達成のために頑張れる人は優秀な人。
一方で、目標がどうこうじゃなくて、今、その目の前のことにはまっているのは凄い人。
 
だから、優秀な人のほうが今やっていることを説明するのが上手い。
ビジョンが明確って表現されることも多い。
 
「俺は3年以内に独立して、◯◯をやるんだ。そのために今の会社では3年間で営業の能力を身につける。だから今必死に頑張っているところ。」
 
みたいな。
自分のやっていることの評価が頑張っているになっている。
 
 
 
一方で凄い人はあんまり自分がやっていることを説明できない。
 
「んー、いやなんか楽しくてさ」
 
とか言っちゃう。
この人の行動は周りから頑張っていると言われることはあるんだけど、自己認識はそうではない。ただ、はまってやってるだけ。
 
 
 
--
と、違いを3点上げたわけだけど、「凄い人」「優秀な人」は対立する概念じゃなくてマトリックスの2軸なんじゃないかと思い始めた。
だから、
 
①凄い&優秀
②凄くない&優秀
③凄い&優秀じゃない
④凄くない&優秀じゃない
 
みたいに4つのパターンがあり得る。

f:id:Manga_Maestro:20160628205122j:plain

 
 
(誰が綺麗な図の作り方教えて…。)
 
 
①については、特に言うこともないんだけど、②は不幸、③は不遇だと思っている。
 
 
②は普通に優秀な人
でもこの人は、実際自分がやりたいことをやっていない可能性が高い。
やっていたら、①になってるからね。
 
なので最も不幸。
②の人は能力が高いから、評価されることをこなせてしまう。また、他者からの期待に応えられてしまう。
その結果、その他人を笑顔にできてしまう。
 
・・・そうすると、ぶれる。
 
優秀であればあるほどぶれる。
本当に自分が望むことは、自分が人から評価されたり、喜ばれている時は見えづらく、そしてだいぶ後になって初めて違ったと気付く。
(もしくは気付かない)
 
 
この人達は「優秀だね」と言われる代わりに多くのものを失っている可能性がある。
 
自分の優秀さに自信がある人は、一度
 
ほんとにこれしたいんだっけ?
 
って問いかけてみてほしい。
自信を持って
 
Yes!!!
 
なら、おめでとう。あなたは①だw
 
 
③は隠れ凄い人
この人達は今のビジネス社会では評価されづらい。
たとえば、この人ぱっと見だらしなくみえたりする。
髪とかボサボサで、服とかしわしわだったり。
女の子にモテなかったり。。
 
他にも無目的に生きてるように見られる。
 
だから、
 
「優秀じゃない奴」→「仕事できない奴」→「凄くない」
 
となる。
 
これはほんとーーーーに、もったいない。
ただそこで楽しんでいる人が、一番バリュー出してたりする。
これに気付いて、その人が新しくはまることを提供出来るだけで、組織の力はどんどん伸びていく。
 
経営者や裁量ある方は、是非その組織内で一番楽しそうな人に注目してほしい。
その人は、一般的な社会人としては「できない奴」かもしれないけど、出してる価値は、「優秀な人」では一生出せないものかもしれないのだから。
 
 
と、ね。
おあとがよろしいようで。
 
<目次> 
 
 

自分がやっと見つけた「やりたいこと」を既に自分より凄くやっている人に出会った時

考え

f:id:Manga_Maestro:20160619084953j:plain

基本人は「やりたいこと」なんてもってません。

 
「俺はこれがやりたいんだよ!」
 
みたいなこと言ってる人のうち99%以上の人は嘘です。
自分でそう言って思い込もうとしているだけです。
もしくはそう言っている自分の見え方が好きなだけです。
 
 
そんな中で、
体験の数を増やして増やして、
 
「あれはちがった」
 
「これもちがった」
 
を繰り返しようやく
 
なんとなーくこれをやるのが楽しい気がする・・・?
 
 
ってのに気付いて、ちょっと本腰入れて調べ始めるとおもしろいことに同じことを既に、しかも自分よりうまくやっている人が絶対見つかります。
 
そうすると、
 
「あーこの人いるなら俺いらないじゃん」
 
と思い、せっかくいろんな体験の上でやるの楽しいかもしれないって思えることを見つけたのに辞めてしまう。
 
これが死ぬほどもったいない。
 
 
なんでやめちゃうんだろうね?
多分、自分のやっていることに価値が感じられなくなるからだと思う。
 
 
でもほんとはそんなことなくて、やるの楽しいかもしれないって思ってることをちょっとずつ、ずっとやってると、既にやっている人と自分との違いが見えてくる。
 
そうすると
 
あーあの人いたおかげでオリジナリティ見えてきた。
ありがたい。
 
ってなってく。
そんなもんそんなもん。
 
 
今回は簡単に。 
おあとがよろしいようで。
 
 
 
<目次>
 
<関連記事>