読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりくちぶろぐ

好きなきりくち(切り口)から、漫画、映画、本、思想、事柄を語ったり、やってみたり

無料漫画アプリとその中の一押しをおすすめする -効率的な暇つぶし

漫画

昔、賢い人がこんなことを言った。

 

「時の選別を受けていない書物など読むな」

 

 

また、ある人はこんなことも言った。

 

「玉石混交の書物の中、プロの目も通っていないものを読む時間がお前にはあるのか?」

 

 

うんうん、わかってるぜ。だから俺は、マンガアプリの漫画なんて読まないよ!

 

 

・・・そう思っていた頃が僕にもありましたよ。。

ということで、無料漫画アプリ&その中の一押しを紹介したいと思います。

アプリをダウンロードしてから読むとサクサク読めていいかも。

 

 

マンガボックス

www.mangabox.me

 

骨が腐るまで

骨が腐るまで(1) (講談社コミックス)

骨が腐るまで(1) (講談社コミックス)

 

この漫画に出会ったからマンガアプリ読もうってなった。

神様がうそをつく。を好きならこちらも好きかと。

 

※第一話をこちらからどうぞ

www.mangabox.me

 

 

恋と嘘 

恋と嘘(1) (マンガボックスコミックス)

恋と嘘(1) (マンガボックスコミックス)

 

圧倒的人気なのには理由がある。

結婚相手が決められた世界でのラブコメ

ニセコイが好きな人はこちらも好きかと。

 

第一話をこちらからどうぞ。

www.mangabox.me

 

 

マンガワン

manga-one.com

 

出会って5秒でバトル 

出会って5秒でバトル(1) (裏少年サンデーコミックス)

出会って5秒でバトル(1) (裏少年サンデーコミックス)

 

完全にタイトルはアレだが、めっちゃおもろい頭脳バトル。

タイトルこれじゃなくて全然いいw

能力バトル系なんだけど、主人公に与えられた能力が例によって特殊で頭をひねることから読んでて楽しめる。

寄生獣とか惑星のさみだれとか好きな人は好きだと思う。

 

20世紀最高の漫画

21世紀最高の漫画

 

第一話をこちらからどうぞ。

urasunday.com

 

 

スラップスティック

スラップスティック 1 (ビッグコミックス)

スラップスティック 1 (ビッグコミックス)

 

心に来るぜ。。

 

第一話をこちらからどうぞ。

hibana.tameshiyo.me

 

 

ジャンプ+

plus.shonenjump.com

いや普通にジャンプこれで読んでるし、古いやつも見れて幸せ。

 

 

ファイアパンチ

ファイアパンチ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ファイアパンチ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

くそ、おもろだからぜひ。

 

第一話をこちらからどうぞ。

少年ジャンプ+

 

以下の読み切りは全部刺さるから、ぜひ見てみて。

・黒い白鳥:少年ジャンプ+

・アシュリー=ゲートの行方:少年ジャンプ+

・殺さない屋:少年ジャンプ+

・死神には逆らえない:少年ジャンプ+

・ウルフ&ラビット:少年ジャンプ+

・ウソキヅキ:少年ジャンプ+

・ある王の日記:少年ジャンプ+

・こっちみて片山先生:少年ジャンプ+

・THE MAP:少年ジャンプ+

・アキと君代の次回決闘:少年ジャンプ+

 

 

 

 

 

そんな感じで、おあとがよろしいようで。

 

<目次>

www.kirikuchi.net

 

 

<関連記事> 

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

 

シェアハウスの悲劇を生み出さないたった1つの方法 -共有地の悲劇の向こう側

考え

シェアハウスやソーシャルアパートメントを多く見てきて、しかも実際に自分でも住んでみて感じたことがあった。

 

うまくいっているところと失敗しているところの差、半端ないな・・・

 

 

 

腐った残り物がはびこる冷蔵庫

 

顔を見合わせるのも気まずい人間関係

 

あれだけ用意してあったコップ、お皿の紛失

 

いつ落ちたかわからない隅に寄せられたゴミたち

 

トイレに散らばる吐瀉物の数々

 

 

etc...etc.....

 

一度でもシェアハウスに住んだことがある人ならこれらの状態が容易に想像つくと思う。

外でさえこれらに出会うと気持ち悪いのに、自分の居住スペースがこんな状況になっているというのは、生活の質を著しく下げていると言わざるをえない。

なぜこんな状況になるのだろうか。

 

 

 

共有地(コモンズ)の悲劇

そこでまず、こんな考え方がある。ちょっと聞いて。

 

 

 

①共有地の前提

・みんなが自由に使える

・5匹までの羊なら牧草を食べ尽くすことなく持続可能

・5匹を超えると、牧草を食べ尽し共有地は朽ち果てていく

f:id:Manga_Maestro:20170102220402j:plain

 

 

 

 

②羊の放牧

Aさん:2匹

Bさん:2匹

Cさん:1匹

f:id:Manga_Maestro:20170102220713j:plain

 

→この状態だと共有地は保たれる。

 

 

③Cさんの気持ち

C「なんで俺だけ少ないの?自分だけ損するの嫌だから俺も放すよ?」

f:id:Manga_Maestro:20170102221034j:plain

→これだと持続可能ではなくなり、共有地は朽ち果てていく。

 

 

④みんなのきもち

A「え、5匹までセーフなのにCなにやってんの?あ、でもどうせ朽ち果てていくなら俺もっと放したほうが得だよね」

 

B「(同上)+どうせAも放すから俺も放そーっと」

 

C「(同上)+どうせ朽ち果てるんだから一刻も早く放そう」

 

 

んで、こうなる。

f:id:Manga_Maestro:20170102221418j:plain

 

こうなっちゃうと、あっという間に共有地は朽ち果てて、利用不可能となっていく。

 

⑤まとめ

つまり、自分の土地(私有地)であれば、羊が牧草を食べ尽くさないように数を調整するが、共有地であれば、他の人が羊を増やして自分が増やさなければ損してしまうため、みんな羊を無尽蔵に増やし続ける結果となり、結果として全員損をする。

 

これを、共有地(コモンズ)の悲劇といいます。

 

 ※より詳しく知りたい人は、ハーディソンさんの共有地の悲劇に関するなんかでも読んでみてください。おもろいです。

 

 

シェアハウスの悲劇

上記の「共有地の悲劇」が、うまくいっていないシェアハウスでは起こっている。

 

つまり、共有スペースでは、自分だけの利益を追い求めたほうが得となり、自分勝手な使い方をするインセンティブが生まれる。

そのため、水道・電熱は自分の快適さのために無尽蔵に利用するし、自らの失敗(ゴミや吐瀉物等)は、隠蔽する。

 

まー考えてみれば当たり前で、自分自身思い当たることもめっちゃある。

 

 

 

では、どうすれば、シェアハウスの悲劇が起こらない、シェアハウスになることが出来るのだろうか?

 

 

 

シェアハウスの喜劇

結論から言うと、「住民自治」が機能していれば「シェアハウスの悲劇」は起こらない。

 

 

「おま、何を当たり前のことを・・・・」

 

と言われそうですが、いやいや、ちょっと待って。

 

上記の「共有地の悲劇」は、「個人は市場において直接の利益のみを求める」という、アダム・スミスさんくらいからいわれている資本主義の大前提に依って立っているんですが、「住民自治」はその大前提を崩すというとんでもない理論です。

 

 

「住民自治」の細かい理論のところは割愛しますが、要するに共有地への参加者(シェアハウスだと住民)が、自らの共有地の管理に参加し、規則を定め、それに従ってコミュニティを運営することで、「共有地の悲劇」は起こりません。

 

 

 

その理由は、人間が社会的な生き物だからです。

人間は社会的な生き物だから、自分の所属しているコミュニティーの期待は裏切れないし、失うことへの恐怖が非常に大きい。そのため、自分も参加して決まった規則は自分で積極的に守るし、他者に対してもそれ守ることを強く期待します。

※もっと詳しく知りたい人は、オストロムさんの論文とか読んでみてください。この人の先見の明は半端ないです。

 

 

したがって、シェアハウス(ソーシャルアパートメント)の運営をする人は、「住民自治」が生まれる仕組み、促進される仕組み、維持される仕組みを準備することで、めちゃくちゃ快適なシェアハウスを創り上げることが出来ます。

 

 

と、いろいろ言いましたが、居心地いいシェアハウスがいっぱい出来て、そこに気楽に遊びに行けるといいなーという願いがあるので、みなさんよろしくお願いしますw

 

 

そんな感じでおあとがよろしいようで。

 

 

<目次> 

www.kirikuchi.net

 

 

<関連記事>

www.kirikuchi.net 

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

 

エーゼロ株式会社の取締役に就任いたしました。-岡山県西粟倉村という地方にて-

行動

f:id:Manga_Maestro:20161216180449p:plain

2017年1月1日をもって、エーゼロ株式会社の取締役に就任いたしました。

 

昨年岡山県に帰ることを決めて、ふらふらしている時期に代表の牧さんとお会いし、関わりながらエーゼロのことを知り、また、メンバーのみんなと一緒にエーゼロを0から創っていきました。

 

まだまだ知名度も低い会社ですので、簡単にエーゼロ自体のご紹介をさせていただけたらと思います。

(やまだがなぜやるか、何をやるか等はおってご報告させていただけたらと。)

 

 


1 地域

岡山県北部に位置する、西粟倉という人口1500人程度の村にあります。

f:id:Manga_Maestro:20161216174721p:plain

 

その村の中にある旧小学校校舎が、エーゼロのオフィスとなります。

f:id:Manga_Maestro:20161216172103j:plain

 


中はこんな感じ

f:id:Manga_Maestro:20161216172255j:plain

f:id:Manga_Maestro:20161216172310j:plain

 

 

 

 

ちなみに、西粟倉村自体、上質な田舎をテーマに様々な取り組みをしているおもしろい村ですのでご興味あれば。(Webからしてイケてるw)

www.vill.nishiawakura.okayama.jp

 

 

 

 


2 事業内容

エーゼロの事業内容は多岐にわたりますが、大きく分けると以下の4つになります。

 

(1)一次産業事業

f:id:Manga_Maestro:20161216180800j:plain

うなぎの養殖に始まり、林業、きのこ、ジビエ、はたまた田畑を利用したナマズ等々、一次産業に特化した事業を行っております。

中々参入しづらい分野ですが、各種スペシャリストを抱え、暗中模索の中切り開いていってます。

 

 


(2)ハード&コミュニティ創出事業

f:id:Manga_Maestro:20161216180946j:plain

不動産の購入、建築といったハード面だけではなく、そこに住む人や周りの人との関係を考えたコミュニティ創りを行っております。

 

 


(3)インキュベーション事業

f:id:Manga_Maestro:20161217084025j:plain

guruguru.jp

 

村内の創業の支援、また他地域における創業の支援等を行っております。

バックオフィス機能のフォローであったり、自主財源スキームの構築であったりと、自立的に育っていけるような環境、仕組みづくりに従事しています。

 

LVSの模様を描いているのがこちらの記事

guruguru.jp

 

 

 

(4)メディア事業

guruguru.jp


エーゼロ株式会社、西粟倉村ひいては「地方」に興味関心を寄せてくれた人たちと適切な関係性を築くためのメディア運営、情報発信等を行っております。

 

 

 

 

 

3 今後の展開

この記事を読んでくれている人は、ベンチャー業界の人だったり、大規模シェアオフィス(ソーシャルアパートメント)の人だったり、東京で活躍している人だったり、色んな人がいると思います。

 

そういった方々が、

 

地方でなんかやりたいなー

 

って思ったときに、最初にやまだが思い浮かんで、気軽に連絡が取り合えるようになったら嬉しいなって思っています。

 

「地方への最初の窓口」みたいになれたらと。

 

 

たとえば、

子会社や支社を作って村ならではの事業を仕掛けてみたり、

理想の故郷のためにファンド作ってみたり、

新人を3ヶ月トレーニングとして送り込んでみたり、

狩猟免許取得のリアルサバゲーやりにきたり、

ドローンのレース開いてみたり、

単に農家してみたり、

自然エネルギーの開発研究してみたり、

 

なんでも発想のままに。

それに何だかんだ、都会より地方の合計の方が人数多いので、地方をモデルケースにしたビジネスはものすごくスケールすると思っています。

 

 

まま、そんな感じなので、地方で、村で、何かしたい場合にはお気軽にお声がけいただけたらと思います。

 

 

ではでは、おあとがよろしいようで。

 


<目次>

www.kirikuchi.net

 


<関連記事>

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

 

5分でわかる人類のイノベーションの歴史まとめ

考え

f:id:Manga_Maestro:20161228152544j:plain

イノベーション、イノベーション、イノベーション・・・

 

「なんだそれ?」

 

と。

よく聞くけどいまいち何かよくわかんなかったので、人類が今まで出会ったイノベーションをざくっとさらってみました。

概念理解するのにケースを見るのがよさそうだったので、ご興味あれば下記よんでみてください。

 

 

イノベーション(=innovation)とは

ざくっと定義すると、

新しい技術や考え方を導入することで社会的に大きな変化を起こす事

を言います。

 

 

 

音楽

人類がはじめに出会ったイノベーションは、「音楽」でした。

言葉よりも早く、戦争よりも前に、人はリズムに合わせて体を動かすことを覚えました。なんという素敵なイノベーションの始まり。人類わかってる。

 

 

 

 

続いて「火」。

人類は「火」を用いることで、食材を調理することを可能としました。これによって、人類は食中毒等の危険から逃れることが出来、生存率は劇的に伸びました。

また、「火」によって暖を取ることも可能となり、人は冬を安全に越えることが出来るようになりました。

 

 

 

文字

そして「文字」。

人類は「文字」を作り出すことで、情報・知識の伝達が空間的な広がりをみせました。

また、「文字」で留めることで、時間的な広がりもみせました。

つまり、「文字」によって、人類は時空を超えることに成功したのです。

 

さらに、+「紙」で、人は知恵を小スペースに集積していくことを可能としました。そうです、「本」のことです。

 

これは、+「印刷機」によって、知恵の集積から、知恵の拡散を達成し、人類の英知は飛躍的に伸びることになります。

 

 

 

お金

「お金」が生まれることで、人類は物々交換で生じていた「交換相手による需要と供給のマッチング」から開放され、コミュニケーションコストを激減させました。

これにより、モノの流通は促進され、市場が生まれていくこととなります。

 

 

 

 

電気

言わずと知れた「電気」。

この存在を語ることなく、現代社会は語れないと言ってもいいくらい現在では多様な役割を果たしています。

まずもって、街は明るくなったし、長距離移動が可能になったし、電話等現在では欠かすことが出来ないものの大本にあるのが「電気」です。

近代で最も社会にインパクトを与えたイノベーションといってもいいかもしれません。

 

 

 

 

資本主義

この流れでいまいちピンとこないかもしれないですが、「資本主義」もイノベーションです。

この「資本主義」という経済体系によって、人類は自分自身のモノ(私有財産)を手に入れ、それを市場によって自発的に交換することで、競争的に価値が上昇する世界を生きることになります。

これ自体の成否はともかく、「資本主義」が社会に与えた影響は非常に大きいといえるでしょう。

 

 

 

コンピューター

ここで来ます、「コンピューター」。

人類は「コンピューター」を生み出すことで、人類を超えることが可能となりました。

作り手の能力を超えて、思考し、改善し、発展していく。

2045年に訪れる「技術的特異点」(=シンギュラリティ)は、今後「コンピューター」による社会の変容を人類が予想することもできなくさせます。

生きている間にこの特異点に出会える僕らはある意味では幸福なのかもしれません。

 

 

 

インターネット

戦争から生まれたと言われるイノベーション「インターネット」。

「インターネット」は、あらゆる情報の受発信コストを限りなく0にしました。またそれによって、あらゆるモノを伝達可能な情報へと変化させる社会の動きが生まれました(情報化社会、ビックデータ等)。

それにとどまらず、「インターネット」は、人類のコミュニケーションの形も変容させました。距離の近さがそのままコミュニケーションの数につながっていた社会から、密な情報の伝達によって親密さを生み出すことが可能な社会へ変わっていっています。

 

 

 

 

3Dプリンター

誰が名付けたか「3Dプリンター」。

「3Dプリンター」は、その名称からプリンターの進化版として捉えられることが多いのですが、それはおそらく間違った捉え方です。

「3Dプリンター」は、人の頭のなかにあるアイディアを、そのまま具現化するツールです。

これは考えてみれば恐ろしいことで、

 

アイディア

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  製品

 

 

アイディア

  ↓

 製品

 

と変えました。

人類は遂に、想像したものを目の前に出現させる能力を手に入れたのです。

 

 

 

イノベーションは大小様々日々起こっております。

次に来る大きなイノベーションは、

 

資本主義社会 → シェアリングエコノミー

 

かもしれないし

 

電気 →  新エネルギー

 

かもしれません。

何が起こるかは不明ですが、今後もイノベーションが起こっていくのは間違いないでしょう。

 

 

 

 

おわりに

ほんとざくっと人類のイノベーションの歴史についてまとめてみました。

 

「いやいや、イノベーションといったらこれが欠かせないだろ」

 

「このイノベーションの説明は理解浅くないか?」

 

等あると思います。

その場合は、ご教授いただけるとうれしいです。

 

しかし、人類すげーな。

先人たちは偉大だ。

 

と、おあとがよろしいようで。

 

 

※もっと色々イノベーションというものを知りたい、という方はこのあたりはいかがでしょうか?てかこれら以外あまりいい本に出会えなかったので、こちらも教えてもらえるとうれしいです。

限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭

限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭

 

 

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

 

 

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

 

 

 

 

<目次>

www.kirikuchi.net

 

 

<関連記事>

 

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

 

 

 

2017年にまとめて読みたい今年完結した漫画10選

漫画

2017年になると、おそらく多くのブログを書いている人がおすすめ漫画を紹介してくれる。(楽しみだ)

 

昨年はそれに便乗してみたw

www.kirikuchi.net

 

 

なので、今年はちょっと切り口を変えてこんなまとめを書いてみようと思う。

漫画は終わり方で大きく評価が変わりうるので、連載中はどきどきですが、このあたりのは間違いなくおもしろいので。

 

よければー。

 

 

1 暗殺教室

暗殺教室 21 (ジャンプコミックス)

暗殺教室 21 (ジャンプコミックス)

 

はじめからこの終わりを思い描いて書ききったとしか思えない傑作。

登場人物全員に癖があって、どこかに感情移入させてくれる。

渚が好きだけど、中村莉桜もかなり好き。

 

2 スピリットサークル

スピリットサークル (6) (ヤングキングコミックス)

スピリットサークル (6) (ヤングキングコミックス)

 

こちらもこれを最初から思い描いていたとしか思えない傑作。

 

内容についてはこのあたりでがっつり熱持って書いたので割愛しますが、こんな6巻という短い中に登場人物の成長を描ききるなんてすごすぎる!

 

人の縁というのは、時間や空間を超えて繋がっているんだなー。

そう考えたほうが素敵だなー。

と思える作品。

 

www.kirikuchi.net

 

 

3 僕だけがいない街 

僕だけがいない街(8)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

僕だけがいない街(8)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

 

「流行りのタイムリープものかよ・・・」

 

って思ってた時期が僕にもありましたよ。。

 

 

 

4 自殺島

自殺島 17 (ヤングアニマルコミックス)

自殺島 17 (ヤングアニマルコミックス)

 

このエンディングは想定できたけど、それでもこのエンディングを描いてほしかった。

 

森先生は、ストリートファイトの傑作ホーリーランドでも有名。

ホーリーランド 3 (ジェッツコミックス)

ホーリーランド 3 (ジェッツコミックス)

 

 

 

 

5 ピアノの森 

ピアノの森(26)<完> (モーニング KC)

ピアノの森(26)<完> (モーニング KC)

 

あんなに小さかった一ノ瀬海が・・うんうん、となる作品。

 

音楽という、漫画からは決して聞こえてこないはずのものが、これほどまでに頭のなかに鳴り響いた作品も珍しい。

 

※追記

あ、これ2015年完結じゃねーか。体感的には2016年だったわ。ごめんなさい。。

 

 

 

6 BLEACH

BLEACH―ブリーチ― 74 (ジャンプコミックス)

BLEACH―ブリーチ― 74 (ジャンプコミックス)

 

途中からオシャレ漫画として描かれていたけど、最初のうちはしっかり泣かせる話が多かった。その一護が無事終わらせたんだからそれだけでも読もうよ、となる。

 

 

 

7 俺物語!!

俺物語!! 13 (マーガレットコミックスDIGITAL)

俺物語!! 13 (マーガレットコミックスDIGITAL)

 

町田くんが出て来る前の、新しいイケメン像。

いやかっこいいもん、郷田猛男。

 

 

8 ニセコイ 

ニセコイ 25 (ジャンプコミックス)

ニセコイ 25 (ジャンプコミックス)

 

ジャンプのラブコメとして頑張り抜いてくれたニセコイ。

途中失速もあったけど、しっかりとにやにやさせてくれました。

 

ちなみに、橘が好きだし、俺千葉に住んでたし、名前Yamadaだし・・・w

 

 

9 AKB49

AKB49?恋愛禁止条例?(29) (週刊少年マガジンコミックス)

AKB49?恋愛禁止条例?(29) (週刊少年マガジンコミックス)

 

ド直球少年漫画。

これをAKBというタイトルがついているからと言って読まないのはもったいない。

是非とも。 

 

 

10 こちら葛飾区亀有公園前派出所

こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 特装版 40周年記念 (ジャンプコミックス)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 特装版 40周年記念 (ジャンプコミックス)

 

オワコンだったとか言う人もいるけど、これを取り上げない訳にはいかない。

自分たちの親世代から当たり前に続いたこち亀が終わった。

毎週絶対に載っていて、ジャンプを1週飛ばしてしまったとしてもこち亀だけは何ら変わらない顔で迎え入れてくれた。

ジャンプ、いや、少年漫画界のレジェンドといっていいだろう。

 

秋本先生、本当にお疲れ様でした。

これからさらに書きまくるということに尊敬の念しかありませんw

 

 

おわりに

完結したら読もーっと思っている漫画がいっぱいある。

 

「早く終われ!」という気持ちとともに

「いつまでも終わるな」という気持ちもあったりと複雑だ。

 

そんな中無事完結した漫画たちでした。

 

おあとがよろしいようで。

 

 

<目次>

www.kirikuchi.net

 

 

 

<関連記事>

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net